とある雑食型ゲーマーのゲーム日記

ゲームレビューだったりゲームに関する記事をなんやかんや書いてます。

ラブライブ! School idol paradise

ラブライブ! School idol paradise Vol.1 Printemps (通常版) - PS Vita
ラブライブ! School idol paradise Vol.2 BiBi (通常版) - PS Vita
ラブライブ! School idol paradise Vol.3 lily white (通常版) - PS Vita

・プレイ作品

ラブライブ School idol paradise

・どんなゲーム?
ラブライブのNEXT PROJECT第3弾として作られたゲームです。3種同時発売。
3Dモデリングされたキャラクターが歌って踊るリズムゲームです。
3種の違いはメインとなるキャラクターの違いと専用楽曲(ユニット曲とソロ曲)の違いです。共通楽曲や共通ストーリーは9人全員参加します。

・総合得点78点 ランクA

・個人的評価 48点 B

・個別評価 30点 B

システム面 13点 A

新しさ 4点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 12点 B

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 4点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 11点 B

個性 4点
スポットライト 3点
キャラ数 4点

ゲーマー面 12点 B

やりこみ 5点
ゲームバランス 3点
満足感(難易度) 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
ボタン操作でもタッチ操作でも遊べるリズムゲームかつステージを自由に組み換えれたり、独特のギミック演出が用意されてたり面白かったです。

『快適さ』
アレンジ力の高さとボタン操作とタッチ操作をどちらでも遊べるのが最大の魅力ですね、やはり。

『システムのおもしろさ』
ストーリーモード
μ'sメンバーが試行錯誤をしながらスクールアイドルとしてのランキングを上げる為に奮闘したり、時に面白おかしくメンバーの日常を垣間見たり、一部固定を除き、リズムパートの楽曲、衣装、ステージを任意で選べたり、メンバーから提案を受けた受けたりするのが特徴です。

フリーライブ
自由に楽曲を遊べるほか、PVの鑑賞ができます。

ライブミッション
特定の条件下で楽曲クリアを目指すモードです。新たなライブ演出やアレンジ楽曲、ボイス(メインのみ)などが報酬として用意されています。

部室
メイン3人を着替えさせたり、ボイスを聞いたり、サブシナリオが見れます。

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
普通に面白かったです。普通にね。

『ストーリーのボリューム』
分岐ルートのわりにはちょっとがっかりでしたが、サブシナリオが思ったより豊富なイメージがあります。

『グラフィックと音楽』
スペックの関係で9人での楽曲は質が落ちているという欠点はありますが、造りが丁寧なので個人的にはそこまで気にならなかったです。

・キャラクター面について
『個性』
個人個人の個性は強めだと思いますが、せっかくのユニット毎の特性を活かしきれてないと思いました。

『スポットライト』
せっかくならもう少しユニット毎に動いてほしかった感はあります。

『キャラ数』
アレンジのけると初期収録楽曲あんまりないとは思います。

共通楽曲
Shangri-La Shower
僕らは今のなかで
・START:DASH‼
Wonderful Rush
No brand girls
・Music S.T.A.R.T‼

Vol.1 Printemps
・愛は太陽じゃない?
・スピカテリブル
・孤独なheaven
・Pure girls project

Vol.2 BiBi
・ありふれた悲しみの果て
・まほうつかいはじめました!
・Daring‼
・Cutie Panther

Vol.3 lily white
・私たちは未来の花
・恋のシグナルRin rin rin!
・純愛レンズ
・微熱からmystery

ちなみにsnow halationは無料配信曲です。

・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
ちょっと遊ぶかーって思ったら結構ガッツリ遊んでました。

『満足感(難易度)』
推しメンが1人だと普通に楽しめる感じです。
推しメン複数の上でユニットがバラけてるとやや二度手間感を感じるかもです。

『ゲームバランス』
ミッションモードは操作が逆だったり、見えなくなったり面白かったのですが、同じ条件でも楽曲によってクリア難度変わるので最初は楽しくても最終的には作業かなーって思いました。

最後に
多くを求めずに普通に遊べば普通に楽しめるゲームでした。
ソロプレイでトロコン(トロフィー100%)目指せる作品でもあります。
細かい欠点はありますが、結構面白いシステムだったので個人的には遊んでよかったです。