とある雑食型ゲーマーのゲームミュージアム

基本的には少し古めのゲームを改めてプレイしてみてレビューしてます。

遊戯王デュエルモンスターズ インターナショナル ワールドワイドエディション

 

遊戯王 デュエルモンスターズ インターナショナル ワールドワイドエディション

 


・プレイ作品
* 遊戯王デュエルモンスターズ インターナショナル ワールドワイドエディション

・どんなゲーム?

遊戯王DM6を世界大会用にリメイクした作品であり、作中で世界大会が出来たり、多言語対応だったり、海外版との互換性がある作品。

・前作をやっている必要があるか

ないです。むしろやってないほうが100%楽しめるかと思います。

・総合得点 90点 ランクS

・個人的評価 38点 A

・個別評価 52点  A

システム面 14点 A

新しさ 5点

快適さ 4点

システムのおもしろさ 5点

 

ストーリー面 9点 C

ストーリーのおもしろさ 3点

ストーリーのボリューム 3点

グラフィックと音楽 3点

 

キャラクター面 15点 A

個性 5点

スポットライト 5点

キャラ数 5点

 

ゲーマー面 14点 A

やりこみ 5点

ゲームバランス 4点

満足感 5点

 

個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』

今となってはアプリやPC・PS4/PS5・Switch等で世界中の人とデュエルできますが、当時はGBAのカセットで世界大会仕様で遊べるのは斬新だったと思いますし、何より多言語機能は良かったです。

ちょっと外国語の勉強にもなるかも?

 

『快適さ』

リメイク元の作品と比べたら地味~によくなってます。地味~にね。

具体的にはロード面とかテンポ感とか。

連続で遊ぶと、お?って思います。

連続で遊ばない限り気付かないであろう差ではありますが(笑)

 

『システムのおもしろさ』

これもリメイク元と同じではありますが、バトルシティの世界観を体感出来るシステムは面白い試みでした。

元の作品にはない要素としては世界大会の要素を採り入れているところですが、今となっては大きな利点とは言えない感じです。

 

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』

申し訳程度ではありますが、遊☆戯☆王のバトルシティの世界観に入り込んだ気分になるので楽しかったです。

 

『ストーリーのボリューム』

ぶっちゃけおまけ程度です。

 

『グラフィックと音楽』

正直に言えば、あんまり印象に残っていない。

ただ、リメイク元と比べると若干グラフィックが綺麗な気がする?何となく。

音楽はほんとに印象が薄くて……。

リメイク元の作品を持っている場合、買い直す程ではないので元の作品より1点減点しました。

 

・キャラクター面について
『個性』

デュエリスト毎の個性が溢れたデッキと戦えるのはやはり面白いです。

最新の環境~とか、スキルとかではなく、当時のカードでそのキャラクターと戦えるという意味ではこの作品の存在意義は大きいと思います。

 

『スポットライト』

最初の1戦以外は誰と戦うか分かるので、半分はプレイヤー次第ですが、個人的には無駄なキャラはいないと思っています。

 

『キャラ数』

デュエリストは遊戯、城之内、杏子、獏良、双六、海馬、舞、羽蛾、竜崎、梶木、絽場、イシズ、マリク、リシド、レアハンター、パンドラ、人形、光と闇の仮面の18(19)人に加え、隠しキャラ5人です。

本田とは戦えない仕様。

という元の作品と変わりはないはずですが、収録カードそのものは増えてます。一応。

ただし、大きくは変わらないので、そこは注意点です。

 

・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』

これは時代に関係なく、TCG全般に言えると思いますが、ハマるととことんな印象はあります。

リメイク元やってたら程よく切り上げちゃうところが難点ですかね。

 

『満足感』

リメイクした意味やら何やらを求めなければ普通に面白い作品なので、リメイク元をやってない+GBAのゲームをストレスなく遊べる方にはそれなりに楽しめるポテンシャルのある作品でした。

 

『ゲームバランス』

ゲームとしての基本性能は微妙に向上しましたが、肝心な部分(理不尽な1ターンキルや序盤の戦力バランス)は変わってないので、「うーん」って思ったのはありますが、一応遊びやすくはなってるので評価してもいいのかな?とは思ってます。

カードがある程度揃いさえすれば、自分の好みのスタイル(デッキ)で遊べますし、ある程度場をコントロール出来るようになってTCGとしてそれなりにいいゲームバランスになります。

 

最後に

遊戯王カードで英語の勉強が出来るかも?

後は上記の通りです。

改めて言うことでもないですが、遊戯王って面白いなぁ~って思いました。

 

 

関連商品

 

おまけ

 

 

おまけ2

 

 

 

 

 

実機


おまけ3

 

コロッケ!夢のバンカーサバイバル!

  • ・総合得点 76点 ランクA
  • ・個人的評価 30点 B
  • ・個別評価 46点 B
    •  
    • システム面 12点 B
    •  
    • ストーリー面 8点 C
    • キャラクター面 14点 A
    • ゲーマー面 12点 B

 

コロッケ! 夢のバンカーサバイバル!


・プレイ作品
* コロッケ!夢のバンカーサバイバル!

 

・どんなゲーム?

コロッケ!初のGBA専用の対戦格闘ゲーム

原作初期にあたる、バンカーサバイバルを再現した作品。

 

・総合得点 76点 ランクA

・個人的評価 30点 B

・個別評価 46点 B

続きを読む

爆転シュートベイブレード2002 いくぜ!爆闘!超磁力バトル!!

 

爆転シュートベイブレード2002 いくぜ!爆闘!超磁力バトル


・プレイ作品
* 爆転シュートベイブレード2002 いくぜ!激闘!超磁力バトル!!

 

・どんなゲーム?

ベイブレードを題材にしたゲームであり、タカオではなくダイチを主人公としたゲーム。

 

・前作をやっている必要があるか

冒頭の会話や、トーナメントに招待される理由、キャラクター同士の関係性は改めて説明されるわけではないので、細かいことが気になる場合は、前作のプレイが必要です。

細かいことは気にしないのであれば、前作のプレイの必要はありません。

・総合得点 77点 ランクA

・個人的評価 30点 B

・個別評価 47点 B

システム面 12点 B

新しさ 4点
快適さ 3点
システムのおもしろさ 5点

 
ストーリー面 8点 C

ストーリーのおもしろさ 3点
ストーリーのボリューム 2点
グラフィックと音楽 3点

 
キャラクター面 13点 A

個性 4点
スポットライト 4点
キャラ数 5点

 
ゲーマー面 14点 A

やりこみ 5点
ゲームバランス 4点
満足感 4点

 

個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』

漫画やアニメとしてのベイブレード、現実のホビーとしてのベイブレードの魅力をそれぞれ少しずつ分けてもらった特徴を持ち、属性を含んだパーツの組み合わせでパワー型にするかディフェンス型にするかスピード型にするかを決めることが出来ます。

また、確率で避けられることも計算しながらなので、必殺技の使い方も威力重視でリスクを背負うのか、使い所を見極めて使うかを任意で選べます。

言葉で説明するのは難しいですが、GBAもしくはDSでリモートコントロールするベイブレード!って体感で遊べました。

 

『快適さ』

あくまでもGBAとしての標準点という印象です。

悪くはないけど、ちょっともっさい気もするなぁ~感は否めません。各ステージで各ブレーダーに3勝ずつすれば次のステージに進めますが、3セットマッチがやや億劫に感じる部分もありました。

また、主人公(ダイチ)のレベルを上げると、敵のブレーダーのレベルも上がるので、レベルの概念はあんまり意味ない気もしました。苦手な人は永遠に詰む可能性があるので。

 

『システムのおもしろさ』

プラモデルのように上部・真ん中・下部のパーツを自由に変えれたり、聖獣パワーを溜めて行う必殺技は痛快で面白いです。

僕は必殺技をあえて使わずにチマチマやるのが好きでした。

互角の戦いの中、外したら逆転の芽を与えてしまう場面で迫られる選択はなかなかに緊張感あって面白いと感じました。

 

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』

きっかけは前作からの因縁ですが、ダイチが相手の組織を覚えてない設定なので、新規様歓迎の親切設計です。

流れとしては、ストーリー上の敵含めた各ブリーダーが自らの設定を挨拶代わりに話してくれ、その後にベイバトル!という流れですね。

 

『ストーリーのボリューム』

ストーリーがメインではないので、おまけ程度に思っていただければ。

 

『グラフィックと音楽』

GBAの中で特別優れているとはあんま思わなかったかなぁ~

そんな感じです。ざっくりしてて申し訳ないですが…。

 

・キャラクター面について
『個性』

自分でカスタマイズ出来るのはやはり強みです。反して、ベイが自由解散カスタマイズ出来るキャラクター毎の特性の違いは薄いように感じました。

 

『スポットライト』

ざっくりした感じで各キャラクターの特徴を教えてくれるシステムなので、この項目の評価は高めです。ただし、チーム戦でもチームに愛着を持てるかは別問題。あくまでも全体図で判断した場合の点数です。

 

『キャラ数』

漫画かアニメを見たことある人には嬉し懐かしのキャラクターが多数出てきます。個人的には超満足です。

 

・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』

戦ってパーツ集めて自分好みのベイブレードを作るのめちゃくちゃ楽しかったです。地道な作業の上、単調な作業なので、無限に遊べるというタイプではないです。1日数回適度にプレイすると結果的に長く遊べるポテンシャルは秘めてます。

 

『満足感』

個人的な満足感は高めです。細かい不満点は既に書いてありますので、改めては書きません。

 

『ゲームバランス』

僕は何とか順応出来たので、高めに付けてますが、正直良くはないです。

ただし、弱い状態からコツコツ教化していき、最初は苦しかった相手にも余裕を持って勝てるようになる等、自分の上達を実感出来る幸福感みたいなものを感じたので、ゲーム全体図として一定の評価は出来ると判断しました。

 

最後に

何故だかは分かりませんが、子供の頃に好きだったダイチくんでしたが、ゲーム版では元気で素直(生意気ではある)なタカオの親戚筋(GBC版での設定)か、前作で面識が出来てたのか、本作では最初からわりと友好的でした。

媒体毎に設定が微妙に違う主人公(もしくはライバル)って面白いですよね!

 

 

 

関連商品

 

 

おまけ1

 

 

おまけ2

 

 

 

 

 

 

おまけ3

 

 

実機


遊☆戯☆王デュエルモンスターズ6 エキスパート2

 

遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2


・プレイ作品

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ6 エキスパート2

・どんなゲーム?

2001年12月20日発売の遊☆戯☆王デュエルモンスターズを題材としたGBAのゲームです。

当時のOCGのルールに準拠しているとは過去作と同じですが、バトルシティをモチーフに、街中でデュエルを行う雰囲気を味わうことが出来ます。

 

・前作をやっている必要があるか

繋がりがないので必要ないです。

・総合得点 75点 ランクA

・個人的評価 30点 B

・個別評価 45点 B

システム面 10点 B

新しさ 4点
快適さ 2点
システムのおもしろさ 4点

 
ストーリー面 10点 B

ストーリーの面白さ 3点

ストーリーのボリューム 3点
グラフィックと音楽 4点

 
キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 4点
キャラ数 5点

 
ゲーマー面 11点 B

やりこみ 5点
ゲームバランス 2点
満足感 4点

 


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』

煩わしいキャラクターの解放条件ではなく、バトルシティを模したマップから対戦相手を選ぶシステムに変わりました。

これがなかなかにバトルシティ感ありました。

ちゃんと進化してたので評価しました。

 

『快適さ』

前作の不満点は改善されていましたが、それで及第点。

最初からそれなりに強いデッキなので最初から遊びやすいですが、原作の主人公格のキャラには勝てません。それはいいのですが、一度デュエルするまではUNKNOWNって表記なので、任意で選べるのはある程度かかります。

余計な演出が廃止されてスピード感が増した代わりにパスワードはポイント制になりました。

1枚のパックから手に入るカードの枚数は増えましたが、無駄なパックも多いので、確率よりも統一してくれたほうが遊びやすかった気はしてます。

 

『システムのおもしろさ』

遊びやすくなったので総体的に面白さは増してると思います。

バトルシティの世界観味わいたい方は是非。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』

本当はないに等しいのですが、キャラクターとセリフがある以上、それはストーリーだ!っていう認識で一応。

前述した通り、作中のキャラになったつもりで遊☆戯☆王のバトルシティの世界観を楽しめます。

 

『ストーリーのボリューム』

これが俺達のロードだ!!的な?システム変わっても感覚的には従来と変わらないボリュームって気はしました。

 

『グラフィックと音楽』

前作より進化してたので加点され、演出を諦めたから減点、その結果が4点です。


・キャラクター面について
『個性』

自分(プレーヤー)もそうですけど、各デュエリスト毎の特徴が出るのがTCGの面白さですね!

原作キャラはやっぱりキーカードを大事にしてるのが好感度高いです。

 

『スポットライト』

この作品に脇役はいない。それがバトルシティだ!!(多分)

 

『キャラ数』

カード総数は1111枚。なんだか気分がいいですね!

デュエリストは遊戯、城之内、杏子、獏良、双六、海馬、舞、羽蛾、竜崎、梶木、絽場、イシズ、マリク、リシド、レアハンター、パンドラ、人形、光と闇の仮面の18(19)人に加え、隠しキャラ5人です。

一応言っておきますが、今回は本田とは戦えない仕様です。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』

これはどこまでやりこむかにもやりますが、デッキを完成させるだけでも結構かかります。

TCG好きな人にとっては苦ではないと思うし、むしろ楽しい。

勝つことも嬉しいですが、負けることも苦より快感になったら本物ですね!

 

『満足感』

序盤でUNKNOWNからの海馬からのワンターンキルはやめてくれ。

不満はそこだけです。

デッキが完成したら「遊戯・海馬・イシズ・マリク」のいずれかのデッキをランダムで使う隠しキャラ・シャーディーとのデュエルが楽しいです!

 

『ゲームバランス』

海馬の高確率でワンターンキルが狙えるバランス調整はどうかと思います。

負けてもパック剥けるなら1ターンで決めてくれるのも時短になりますが、違うので……海馬とやるのだけはあんまり楽しくなかったかなぁ~


最後に

普通に楽しい、面白いゲームではありますが、痒いところに手が届かない惜しい部分は残る作品でした。

次回作に期待を込めて辛口評価で!

って言っても20年ぐらい前のゲームですがw

 

 

 

 

関連商品

おまけ

 

 

 

おまけ2

 

 

 

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ5 エキスパート1

 

●●●GBA●ゲームボーイアドバンス●ソフト●コナミ●遊戯王5●デュエルモンスターズ●エキスパート1●OCGカード入り●特別版 303


・プレイ作品

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ5 エキスパート1

・どんなゲーム?

遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム・漫画の遊☆戯☆王を題材にしたゲームソフト。

開発当初(発売は2001年7月)のOCGに準拠したルールで、「Curse of Anubis-アヌビスの呪い」までのカードが収録。

2001年1月1日からスタートするカレンダー方式のゲームです。

 

・前作をやっている必要があるか

ナンバリングが付いてますが、ゲームとしての繋がりはないので、やっていなくても全く問題ないです。

 

・総合得点 82点 ランクA+

・個人的評価 32点 B

・個別評価 50点 A

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

 

ストーリー面 10点 B

グラフィックと音楽 10点

※ストーリーがない作品なので、変則採点です。

 

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 4点
キャラ数 5点

 

ゲーマー面 12点 B

やりこみ 5点
ゲームバランス 3点
満足感 4点

 


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』

デュエルを行えば日付が進むカレンダー方式が採用されており、ジャンプの発売日やVジャンプの発売日に特別なパックが貰えます。

これはちょっと新しかったかも?

GBシリーズの頃と比べて変わったルールを学べるT-TACTICS(チュートリアル)や、詰め将棋のような詰めデュエルが始まったのもここから。

 

『快適さ』

パックから手に入るカードが3枚+パック解放の条件の手間、デュエルの際の「ドロー」はRボタンでしか引けない等、やや不便で色々時間がかかる仕様でした。

反して、コストなしでパスワード入力でカードを手に入れることが出来る最後の作品であり、多少の手間で最初からある程度強い状態で始めることが出来ます。

DC(デッキキャパシティ)が廃止されて手に入れたカードで自由にデッキが組めるようになったのは💮(花丸)。

 

『システムのおもしろさ』

基本的にはGBシリーズのやり方を踏襲しているとは思います。

特定の相手に設定された勝利数で勝利報酬のパックが解放されます。

各ステージのデュエリストに一定数勝てば次のステージに進めるルールも続投でした。

リバース、チェーンが増え、魔法・罠が5枚伏せられるようになりました。

サイドデッキが作れるようになって幅が広がりました。

正直、今やると物足りない部分はありますが、同時に戻った気分で考えると面白い部類だと思います。

 

・ストーリー面について

『グラフィックと音楽』

何とも微妙な可もなく不可もなくです。

暗めのBGMはわりと好みではありますが、テンション上がるほどではないし、そこが重視のゲームではないです。

 

・キャラクター面について
『個性』

原作キャラクター達がそれぞれの持ち味、イメージ通りのデッキで来るのは面白いですよね、以上。冗談です。

デッキで個性を出せるのはプレイヤーも一緒ですので、存分に自分の色を出せます。

 

『スポットライト』

ストーリーがないので迷いはしたんですけど、パック解放の際に特定のキャラに何勝ってあったりするので、無駄なキャラがいないところを評価しました。

 

『キャラ数』

戦えるキャラクターは24キャラ。

遊戯、城之内、本田、杏子、獏良、羽蛾、竜崎、梶木、舞、絽場、レアハンター、パンドラ、人形、光と闇の仮面、マリク、闇遊戯、闇獏良、海馬、イシズ、シャーディー、双六、ペガサス、シモン・ムーラン。

収録カード枚数は928枚。

 


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』

全部やろうと思えばなかなかのものだと思います。

 

『満足感』

わりと高めなんですけど、細かい不満点はあります。基本は前述してるのでここは割愛します。

 

『ゲームバランス』

これはパスワード使うか使わないが大きいので、プレイヤーの任意になりますが、最初から強いデッキにすると作業ゲーになりがちであり、使わない場合はカード集めになかなか時間がかかります。

ちょっと評価に困った作品でした。

若干デュエルのテンポが悪いので、やや2寄りかもしれません。

 

最後に

遊戯王世代にとっては普通に面白いゲームです。

数ある遊戯王のゲームの中からわざわざこれを選ぶ意味があるかは分かりませんが、当時の雰囲気を味わえるので、多少の不便さも含めて、これはこれでアリだと思います。

 

 

 

関連商品

 

 

おまけ

 

 

 

おまけ2

 

 

 

 

実機


ゲオセールの戦利品

11/7までゲオでやっていたレトロゲームの在庫処分売り尽くしセールで購入したゲームのリストです!

レビューではなく、僕の好みの傾向は分かるかも?なおまけ枠ですね!

※見栄え的な意味でゲーム機の画像も付けてますが、買ったのはソフトのほうだけです。悪しからず。


GBA

ゲームボーイアドバンス バイオレット【メーカー生産終了】

ゲームボーイアドバンスSP アズライトブルー【メーカー生産終了】


遊戯王デュエルモンスターズ5 エキスパート1

●●●GBA●ゲームボーイアドバンス●ソフト●コナミ●遊戯王5●デュエルモンスターズ●エキスパート1●OCGカード入り●特別版 303

遊戯王デュエルモンスターズ5 EXPERT1【特別版】

 

遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2

遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2

L.遊戯王デュエルモンスターズ6エキスパート2 (遊戯王OCGカード3枚同梱) 【GA-激レア--廃盤】

 

爆転シュート ベイブレード2002 いくぜ!爆闘!超磁力バトル

爆転シュートベイブレード2002 いくぜ!爆闘!超磁力バトル

 

コロッケ!夢のバンカーサバイバル!

コロッケ! 夢のバンカーサバイバル!

 

遊戯王デュエルモンスターズ インターナショナル ワールドワイドエディション

遊戯王 デュエルモンスターズ インターナショナル ワールドワイドエディション

 

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ

 

NARUTO-ナルト- 木ノ葉戦記

NARUTO 木の葉戦記

 

コロッケ!3 グラニュー王国の謎

コロッケ! 3 グラニュー王国の謎

 

金色のガッシュ・ベル うなれ!友情の電撃

金色のガッシュベル!! うなれ!友情の電撃

GBA●ゲームボーイアドバンス●金色のガッシュベル●うなれ友情の電撃 303

 

デュエル・マスターズ2 インビシブル アドバンス

デュエル・マスターズ2 インビンシブル・アドバンス

 

金色のガッシュベル!! 魔界のブックマーク

金色のガッシュベル!! 魔界のブックマーク

GBA●ゲームボーイアドバンス●金色のガッシュベル!!●魔界のブックマーク 303

 

コロッケ!4 バンクの森の守護神

コロッケ!4 バンクの森の守護神

 

コロッケ!グレート 時空の冒険者

コロッケ! Great 時空の冒険者

 

PS2

PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】

PlayStation 2 (SCPH-70000CB) 【メーカー生産終了】

PlayStation 2 (SCPH-30000)

PlayStation2:チャコールブラック(SCPH77000CB)

 

 

 

真・三國無双

真・三國無双

 

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

 

真・三國無双2

真・三國無双2

 

実況パワフルプロ野球9

実況パワフルプロ野球9 (Playstation2)

 

真・三國無双2 猛将伝

真・三國無双2 猛将伝

 

SDガンダム ジージェネレーション・ネオ

SDガンダム G GENERATION-NEO

 

スターオーシャン Till the End of Time

スターオーシャン3 Till the End of Time

 

真・三國無双3

真・三國無双3 (Playstation2)

 

機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダム SEED

 

真・三國無双3 猛将伝

真・三國無双3 猛将伝

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー

NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー

 

ONE PIECE グランドバトル3

ONE PIECE グランドバトル!3

 

SDガンダム ジージェネレーション SEED

SDガンダム G GENERATION SEED

 

真・三國無双4

真・三國無双4

 

ギルティギア イグゼクス

ギルティギア イグゼクス PlayStation 2 the Best

 

NARUTO-ナルト- うずまき忍伝

NARUTO-ナルト- うずまき忍伝

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E.

機動戦士ガンダムSEED DESTINY~GENERATION of C.E.~

 

戦国無双2

戦国無双2(通常版)

 

ギルティギア イグゼクス スラッシュ

ギルティギア イグゼクス スラッシュ

 

実況パワフルメジャーリーグ

実況パワフルメジャーリーグ

 

ファンタシースターユニバース

ファンタシースターユニバース

 

BLEACH ブレイド・バトラーズ

BLEACH ~ブレイド・バトラーズ~

 

戦国BASARA

戦国BASARA

 

戦国BASARA2 英雄外伝

戦国BASARA2 英雄外伝(HEROES)

 

SDガンダム ジージェネレーション スピリッツ

SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ

 

機動戦士ガンダムOO ガンダムマイスター

機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ

 

 

PSP

PSP「プレイステーション・ポータブル」 (PSP-1000) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ローズ・ピンク (PSP-2000RP) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック パール・ホワイト (PSP-3000KPW) 【メーカー生産終了】

 

モンスターハンター ポータブル2nd

モンスターハンターポータブル 2nd - PSP

 

モンスターハンター ポータブル3rd

モンスターハンターポータブル 3rd - PSP

 

戦国BASARA バトルヒーローズ

戦国BASARA バトルヒーローズ - PSP

 

プロサッカークラブを作ろう!6

J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 6 Pride of J - PSP

 

KINGDOM HEARTS Birth By Sleep

PSP KINGDOM HEARTS Birth by Sleep キングダムハーツ バース バイ スリープ 同梱版仕様 ソフト単品

 

AKB1/48 アイドルと恋したら…

AKB1/48 アイドルと恋したら… 通常版 - PSP

 

AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…

AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら… (期間限定生産版) - PSP

 

ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け

ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け - PSP

 

討鬼伝

討鬼伝 - PSP

 

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 - PSP

 

 

以上です!

昔やってた思い出深い品からせっかくなので買ってみたものまで色々です!

 

AKBのはこのシリーズの最終作のvita版が意外と面白かったので即決で買いでした!

 

最後まで見てくださった方、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ

無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ (通常版) (特典無し)

・プレイ作品

無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ


・どんなゲーム?

異世界を舞台に、人間、アンドロイド、獣人等、様々な種族が登場するファンタジーRPG作品。
副題の通り、スーパーロボット大戦シリーズの1つとしてカウントされています。
※キャラクターと世界観がリンクしていますが、全く異なるゲーム性です。


・前作をやっている必要があるか
前作から3ヶ月後の世界であり、ガッツリ繋がっている続編ではありますが、主人公が今作からのキャラクターなので、ざっくりと最低限の説明はされます。
より楽しみたければ、前作→今作とプレイするべきですが、僕は前作をプレイしてないですが、十分に楽しめました。

・総合得点 86点 ランクA+

・個人的評価 34点 A

・個別評価 52点 A

システム面 13点 A

新しさ 5点
快適さ 3点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 10点 B

やりこみ 3点
ゲームバランス 3点
満足感 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
スパロボのシステムを大胆アレンジして和洋折衷?したファンタジーRPGに昇華さています。


『快適さ』
システムの都合上、序盤で後に合流する仲間になるキャラクター(前作の主人公や仲間達)を操作する場面があり、レベルが共通ではないのでやや億劫な気分にはなりました。
パーティー加入ではなく別行動なことが少し多く感じたので。
システム慣れしてない時にそれされるので特に(笑)
技も精神コマンドも違うので癖を覚えるのも一苦労でした。
慣れたと思ったら丸ごと代わるのはやめてくれ(笑)


『システムのおもしろさ』
バトルはどちらかと言うと、Project X ZONEのような操作でした。
コマンド入力して敵を落とさないように攻撃を繋いでフィニッシュを当ててHPを削り合うバトルになります。


また、シミュレーションRPGではないので、本家スパロボとは違ってマップを自由に移動したり、ギミックを使ったり、アイテムを拾ったり出来ます。バトルの入り方はエンカウント式です。
この辺は昔のポケモンを彷彿とさせる感じでした。


スパロボでお馴染みの「支援攻撃」や「精神コマンド」も通常のRPGに適した能力に書き換えられて健在です。


支援攻撃は攻撃中に任意のタイミングで発動させられるので、これの有無は大きいです。


また、バトル時に溜まるフロンティアゲージは殆どの技を避けられる緊急回避(HP30%以下の時のみ)、特殊演出付きの必殺技に使えます。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
前作ではそれぞれの思想や目的の為に争っていたそれぞれの国(世界)が1つに纏まり、協力し合う関係になっているのは何かしらの参考になるのではないでしょうか。


そういう点では確かなスパロボシリーズの血脈を感じました。


『ストーリーのボリューム』
これも僕のスパロボレビューではお馴染みのフレーズで恐縮ですが、DSという携帯ゲーム機としてはかなりの大ボリュームだと思います。


『グラフィックと音楽』
スパロボの名に恥じない演出と格好いいカットインが素晴らしいです。
そしてBGM神か?って思いました。
特に和風世界観の時に音楽好きすぎますし、格好いい場面でボイスが付いたのいいですね!


・キャラクター面について
『個性』
攻撃スタイルや精神コマンド、技の威力や繋げやすさは様々なので、色々試すのは面白いと思います。


『スポットライト』
ストーリーの都合上、強制的に操作キャラが変わる場面も多々あるので、自ずと。


『キャラ数』
思いの外多かった印象です。
2人1組のキャラもいるので賑やかです。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
個人的には特筆して書くほどはないかなぁ~という印象です。


『満足感』
ゲーム自体に対する満足度は高いです。
OP水樹奈々さんからテンション上がり、主人公、関智一さんで最初からクライマックスでした。これ違う関さんのネタでした。


『ゲームバランス』
最初のほう敵強くない?って感じました。
操作キャラ切り替わってすぐに「ひらめき」とか使われたらダメージ入らんし……です。


最後に
副題から勝手にロボットで戦う系かと思ったらそうでもなかったです。
キーとして存在はしてますが、想像とは違ってました。


歯応えのあるゲームの印象なので、そういうの好きな人は一考の余地はあると思います。



関連商品


おまけ


おまけ2