とある雑食型ゲーマーのゲームミュージアム

基本的には少し古めのゲームを改めてプレイしてみてレビューしてます。

球夏到来!

今更ですが、プロ野球開幕しましたね!見てます!

開幕するとやりたくなるのでプロスピAを久方ぶりにやりました!
面白さは分かってたんですけど、解説に僕の大好きな里崎さんと赤星さんがいるので嬉しかったですね、あのお二人の解説の元でゲーム出来るとは思ってなかったです!

リスタートして1週間ほどなのでまだまだですが、ゆくゆくは準純正チームを作るべくコツコツやっていきたいです!
トレードやFA等で移籍したかつて在籍した選手も含めたいので、そういう意味で準純正という言い方をしました!



こっちもやりたい最新野球ゲーム

PS4:プロ野球スピリッツ2019

PS4:プロ野球スピリッツ2019

  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: Video Game
PSV:プロ野球スピリッツ2019

PSV:プロ野球スピリッツ2019

  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: Video Game
<SW版>eBASEBALLパワフルプロ野球2020

<SW版>eBASEBALLパワフルプロ野球2020

  • 発売日: 2020/07/09
  • メディア: Video Game
<PS4版>eBASEBALLパワフルプロ野球2020

<PS4版>eBASEBALLパワフルプロ野球2020

  • 発売日: 2020/07/09
  • メディア: Video Game

マリオテニスGC

マリオテニスGC

・プレイ作品

マリオテニスGC

・どんなゲーム?
マリオファミリー×テニスゲーム‼
簡単操作で誰でも簡単にLet's Play tennis!

・前作をやっている必要があるのか
64の前作を順当に進化させた作品です。
なので前作のプレイの必要は特にありません。

・総合得点98点 ランクS

・個人的評価 40点 A

・個別評価 58点 A

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 5点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 15点 A

やりこみ 5点
ゲームバランス 5点
満足感 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
スペシャルショットを導入したのは素晴らしかったです。
簡単操作はそのままに、キャラクター毎の個性が出てゲームとして面白くなっていると思います。

『快適さ』
簡単操作と爽快感の高いゲームですが、稀にフリーズするバグがあるので要注意。

『システムのおもしろさ』
基本的な操作は全てボタン1つもしくは2つで出来るシステムでここまで誰でも楽しめるゲームになったのは凄いと思いました。
パワー、スピード、テクニカル、オールラウンダーも分かりやすく良かったです。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
※このゲームにストーリーはないのでテニスを題材にしたスペシャルステージのおもしろさが点数です。

ロブやドロップを上手く打ち分けて左右の土管から出てくるペイントボールで壁の絵に着色させるペイントテニス、オバケにボールを当てて条件に合わせてポイントを加算していくオバケバスター、制限時間(2分)でワンワンにボールを食べさせて点数を稼ぐファクトリーファイト、ボスゲッソーとどれだけラリーが続くかを競うゲッソーチャレンジが個人的に好きでした。

『ストーリーのボリューム』
チャレンジ系はその気になればわりと無限に遊べると思ってます。
特にゲッソーチャレンジ。
中学生の頃は何故か半べそかき(キレ)ながらゲッソーに弄ばれてました(笑)


『グラフィックと音楽』
若干あっさりめに感じました。多分爽快感重視?


・キャラクター面について
『個性』
各キャラクターに2種類ずつ用意されたスペシャルショットがそのまま個性だと思います。
例えば、マリオ、ルイージは攻撃こそハンマーと似てるものの(マリオは打ち返した相手を後ろに大きく吹き飛ばし、ルイージは打ち返した相手の操作をしばらく逆にする)、防御はマリオはジャンプレシーブ(ボールから離れていると失敗する)に対してルイージはオバキュームで吸引することで時間はかかるものの、ほぼほぼ拾える等、コンパチになりがちなキャラまできちんと差別化されています。

『スポットライト』
プレイヤーが選んだキャラが主役。
それでいいと思います!

『キャラ数』
対比のキャラ多めで面白い組み合わせですよね!
マリオとルイージ、ピーチとデイジーワリオワルイージヨッシーとノコノコ、ドンキーとディディー、クッパクッパJr.etc.


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
意外と一人でやっても楽しめるモードがたくさん用意されています。
個人的な主観ですが、マリオテニスGCのコントローラーとの相性めちゃくちゃよかったと思います。
スマブラと2大巨頭でめちゃくちゃ遊びました。

『満足感(難易度)』
シンプル イズ ザ ベスト
この一言に尽きますが、テニスって奥深いですよね、同じキャラ使ってもプレイヤーによって前衛型・後衛型、フラット派・スライス派・バランス派と分かれますもんね!
スペシャルショットを攻めに使うか守りに使うかもプレイヤーの特性ですよね~
面白い。


『ゲームバランス』
このキャラが強い!とか確実な勝ち筋とかはないと思います。
強いて言うなら自分のプレイスタイルに合ったキャラクターを見つけられるかが勝負かな?


最後に
ボスパックンで前衛に出てお互いボール見えない状態で感覚でボレー対決すると大体ボスパックンの顔にボールが当たるっていうの一時流行りましたね(仲間内で)。

GCを基にしたWii版も販売されてます。
Wiiリモコンを振るとショットが打てる仕様ですね、移動がオートなのでこれはこれで新鮮だと思います。
尚、ヌンチャクだと手動で移動させられます。


マリオテニスGC

マリオテニスGC

  • 発売日: 2004/10/28
  • メディア: Video Game
Wiiであそぶ マリオテニスGC

Wiiであそぶ マリオテニスGC

  • 発売日: 2009/01/15
  • メディア: Video Game

大乱闘スマッシュブラザーズX

大乱闘スマッシュブラザーズX - Wii

・プレイ作品

大乱闘スマッシュブラザーズX

・どんなゲーム?
3作品目のスマブラ
Xは交差と交わり。
Xが示す通り、任天堂外のキャラクターが参戦している。
Wii専用ながらコントローラーはゲームキューブ用、クラシックコントローラー、Wiiリモコン、ヌンチャクリモコンと多様なスタイルで遊ぶことができる。
また、横スクロール型のアドベンチャーモード搭載。

・前作をやっている必要があるか
別段ないのでお好みで!

・総合得点 89点 ランクA+

・個人的評価 36点 A

・個別評価 53点 A

システム面 13点 A

新しさ 5点
快適さ 3点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 13点 A

ストーリーのおもしろさ 3点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 13点 A

個性 5点
スポットライト 3点
キャラ数 5点

ゲーマー面 14点A

やりこみ 5点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
他社のスネークやソニックを参戦させた功績は大きいです。

『快適さ』
あくまで個人的にですが、コントローラーで操作性が若干変わるのでそこら辺は一長一短かなぁ~と。

『システムのおもしろさ』
最後の切り札や滑空(翼があるキャラクターのみ)の実装で遊び方に更に幅が出来ました。
また、DXにおける玄人的な部分を排除し、より簡単で遊びやすくなりました。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
フィギュアとして生きるスマブラキャラと、非フィギュアの亜空軍との戦いを描く群像劇は結構面白かったです。

『ストーリーのボリューム』
おまけではなく搭載。その意味はやれば分かると思います。亜空の使者はかなり力入ってました。

『グラフィックと音楽』
前作より更に向上したグラフィックにより、原作再現と統一性の間で揺れ動いてデザインを一新したキャラクター有り。
また、この作品から原則として最新作における技の再現になっているので注意が必要です。
リンクに関しては忠実に担当声優ごと変更。
一方でマルスは前作からのボイス流用が話題となった。


・キャラクター面について
『個性』
あえて触れますが、スネークやソニックは原作再現の結果なかなかのピーキースタイルです。

『スポットライト』
好きなキャラだけでたくさん遊べる感じからは少し遠退きました。
が、いろんなキャラクターを使う機会があるのはいいと思います。

『キャラ数』
同作品から過剰にキャラクターが参戦することがなかった頃のスマブラ
ということでバランスが良かったと思います。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
やっぱり亜空の使者モードがよかったです。当時の任天堂の集大成みたいでテンション上がりました。

『満足感(難易度)』
なんやかんやでめっちゃ楽しかったっていうのが率直な感想でした。

『ゲームバランス』
全体的に遊びやすくなっているんですが、せっかくのコントローラーの多様化も、公式がゲームキューブのコントローラーを推奨してる時点で……っていう。


最後に
発売当時の任天堂のゲームの歴史の全てを詰め込んだソフトと称された作品に恥じぬ内容と出来映えだったと思います。
DXと比べられて不遇な扱いを受けることもありましたが、単品として見たら十分名作でした。


大乱闘スマッシュブラザーズX - Wii

大乱闘スマッシュブラザーズX - Wii

  • 発売日: 2008/01/31
  • メディア: Video Game

思い出のゲーム

今週のお題「ゲーム」


せっかくの機会なので、自己紹介がてらゲーム遍歴でも書こうかなって思います。
行動自粛や自宅待機の暇つぶしの足しになったり、何かの参考になったりすれば幸いです。
一応軽く自己紹介しますと、平成初期生まれの地方育ちのアラサーです。


幼少期
グレムリン2
本当に物心つく前に初めてプレイしたゲームです。幼稚園入る前なので3歳か4歳ですね、2個上の兄がやっていたGBを後ろから見た後に弟と奪い合いの喧嘩をしながらやってた記憶があります。
Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃というシンプルながらアイテムを取らなければ攻撃出来ないという仕様を当時は知らず、ジャンプしてた記憶しかありません。
全4ステージなので機会があればまたやってみたいものですね。


ポケットモンスター ピカチュウ 専用ダウンロードカード特別版 (『ポケットモンスター X・Y・オメガルビー・アルファサファイア』で利用できる幻のポケモン「ミュウ」の特典コード付) - 3DS
確か5歳か6歳の頃に叔母からクリスマスプレゼントで貰ったことによりポケモンデビュー。
最初のパートナーへのこだわりでタケシに勝つ為にピカチュウをレベル20まで上げたのはいい思い出です。
イワークよりイシツブテが厄介でした。
でも一番辛かったのはトキワの森を吐き気するほど往復してレベル上げることですね、序盤にレベル20は地獄ですよ、たたきつけるぐらいサクッと覚えてほしかったですね。


ポケットモンスター  緑
本来は順序が逆なんですけど、小学1年の頃の同級生が持ってたのを借りました。
最初のパートナーにこだわった場合、序盤の難易度がピカチュウとは雲泥の差なのでフシギバナに惚れかけました。惚れてはません。


ポケットモンスター  銀
これが本来の小学校入学祝いに等しかったはず。
時系列的に僕が弟に便乗した形なのかな?
ゲームボーイ カラー (クリアパープル)【メーカー生産終了】
ゲームボーイカラーとセットで買ってもらいました。


幼稚園か小学生だと思うけど明確な時期不明
スーパーマリオRPG
これマジで神ゲーな記憶。
クッパと共闘も熱かったし、システムも面白かったです。


小学生
バトルネットワーク ロックマンエグゼ3
バトルネットワーク ロックマンエグゼ2
バトルネットワーク ロックマンエグゼ
これも順序逆なんですけど、エグゼ3から始めたもんは仕方ない(笑)
ちなみに3→1→2の順番でした。
バトルチップでめちゃくちゃ盛り上がった過去有り。


真・女神転生デビル 黒の書
子供の頃めっちゃ好きだった作品。
これがあったからペルソナに興味持ったので僕のバイブルの1つ。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド
初めてのドラクエ。外伝とか知らずにポケモン的なノリで興味持ったはず。

ロボットポンコッツ 太陽バージョン
これもポケモンと同じノリシリーズでした。
太陽を選んでるところが少年時代って感じします。


ポケットモンスター ルビー
お年玉で自分で買った初めてのポケモン


デュープリズム
男女それぞれの主人公が紡ぐ物語なんですけどね、切ない名作の記憶。


番外編
ゲームボーイアドバンス ゴールド【メーカー生産終了】
このカラーリングのGBAをおじいちゃんに買ってもらったのも思い出しました。



ここまでやっといて何なんですが……疲れたのでここまでここまでで。

大乱闘スマッシュブラザーズDX

大乱闘スマッシュブラザーズDX

・プレイ作品

大乱闘スマッシュブラザーズDX

・どんなゲーム?
言わずと知れたスマッシュヒット作の第2弾。
ゲームキューブ史上最大にして唯一のミリオンヒット(らしい)。
世代的な補正のせいかもしれませんが、一番有名なスマブラな気がします。
全体的にマニア向け嗜好の出来上がりな為、続編が出て以降も根強いファンが多い作品。

・前作をやっている必要があるのか
64のコントローラーがよほど好きでもない限り特にやる必要もないかと。キャラも少ないし。
ただし、マルスすらいない貴重なスマブラではあるので、アンチFE勢でレトロ寄りなゲームに抵抗なければ64の初代も有りだとは思います。シンプルイズザベスト的な。

・総合得点 96点 ランクS

・個人的評価 39点 A

・個別評価 57点 A

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 14点 A

やりこみ 5点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
子供から大人まで、初心者から熟練者までが遊べるシステムを構築した偉大な作品だと思っています。

『快適さ』
ゲームキューブのコントローラーがスマブラに適し過ぎていたというのもあるんですけどね!
頭の中で描いた通りにキャラクターが動く快感ってこのゲームで学んだ気がします。

『システムのおもしろさ』
僕はenjoy勢なのでデフォルトのプレイしか出来ませんが、DXって裏技凄かったですよね!
トーナメントが盛り上がるので元祖みんなで集まってみんなで楽しむゲームってイメージありますよね!


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
ストーリーというか決められたキャラクターで決められた敵と決められたシチュエーションで戦うモードが地味に面白かったです。
「兄さんだけずるいや」は当時、単独での主役経験のないルイージでマリオとドクターマリオを倒すという公式いじりで面白かったです。

『ストーリーのボリューム』
軽い気持ちで遊ぼうとするとなかなかのボリュームなのでそこそこ腰を据える必要有りかも?
該当イベントのステージは51。

『グラフィックと音楽』
原作再現率の高さに感動しました。
ニンテンドーオールスターに恥じない出来だと思います。


・キャラクター面について
『個性』
いろんなタイプのファイターがいて個性豊かですよね、コンパチもいますがそこは御愛敬。

『スポットライト』
ターゲットをこわせ!とかは各キャラの独自の操作性と技を駆使して遊ぶモードだったりするので、誰が推しでも楽しめます。

『キャラ数』
シンプル イズ ザ ベストでいいと思います。
他社コラボがなかった時代の古き良きスマブラって感じです、はい。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
いつやっても楽しい上に時間を忘れちゃうから困ったものです。

『満足感(難易度)』
ゲーム実況とか諸々考えるとこれが程よい気がする絶妙なバランスですごく好きでした。

『ゲームバランス』
素人と玄人の差が出やすい反面、キャラクター性能の差を経験で埋めるのが楽しいタイプのスマブラです。


最後に
ゲームキューブにオンライン環境あったら或いは最新作にも負けないかもしれない熱狂度を秘めた名作だと思っています。


大乱闘スマッシュブラザーズDX

大乱闘スマッシュブラザーズDX

  • 発売日: 2001/11/21
  • メディア: Video Game

逆転裁判123 成歩堂セレクション

逆転裁判123 成歩堂セレクション - 3DS

・プレイ作品

逆転裁判123 成歩堂セレクション

・どんなゲーム?
DS版の『甦る(1の完全版)』、『2』、『3』が一纏めになった移植作品。
画質がHD版になってはいるものの、リメイクではなく、移植。ここ大事。
初期の逆転裁判3作品が遊べる上、それぞれの英語版も収録されたゲーム。

・総合得点92点 ランクS

・個人的評価 38点 A

・個別評価 54点 A

システム面 13点 A

新しさ 4点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 5点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 12点 B

やりこみ 3点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
全くプレイしてない状態でせっかくなら最初からやりたい。という理由でプレイする場合と後発の作品はやったけど初期やってなかったから気になって。という理由でプレイした場合で衝撃度が変わりそうなのでこういう評価です。

『快適さ』
DS版のズームアウトは画面見やすかったのにズームアップに戻したのでやや見辛く感じましたが、元々こうだったのでこれこそが逆転裁判だ!って感じ?
操作性はプレイ機器ではたいして変わらないので問題はないです。とはいえ移植作品なので過度な期待は禁物です。

『システムのおもしろさ』
ここはいじってないので文句なし。

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
個人的には真宵ちゃんもしくは茜ちゃんが出れば満足なのでそういう意味ではこの一纏めは真面目に高評価です。

『ストーリーのボリューム』
もともとの3作品がそれぞれしっかりしてたのでこちらも文句なし。

『グラフィックと音楽』
音楽がとにかく好きです。結構バラエティ豊かで楽しくなります。


・キャラクター面について
『個性』
メインキャラクターはもちろん、各事件における関係者等も含めて個性の塊でいい意味でうるさいのでプレイしてない方は是非体感してもらいたいです。

『スポットライト』
綾里、御剣、狩魔の主張が激しいです。仕方ないですけどね!

『キャラ数』
ちょうどいい。マジでちょうどいい。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
周回系のゲームではない。というのが理由です。

『満足感(難易度)』
神移植だとは思いました。

『ゲームバランス』
纏めたことにより、2の難易度が高めなことがより顕著になりますね、いいアクセントになってましたけどね!


最後に
この123成歩堂コレクションは完成度高いのでこのままでいいとして、これとは別にシュタゲみたいに逆転裁判elite綾里真宵コレクションをアニメ版キャストによるフルボイスで是非出してほしいですよね、願望丸出しですが。

真宵ちゃんの出演場面のみを集めた逆転裁判出てほしい。


3DS

逆転裁判123 成歩堂セレクション - 3DS

逆転裁判123 成歩堂セレクション - 3DS

  • 発売日: 2014/04/17
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price! - 3DS

逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price! - 3DS

  • 発売日: 2015/04/02
  • メディア: Video Game

PS4

逆転裁判123 成歩堂セレクション - PS4

逆転裁判123 成歩堂セレクション - PS4

  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: Video Game

Switch

逆転裁判123 成歩堂セレクション -Switch

逆転裁判123 成歩堂セレクション -Switch

  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション|オンラインコード版

逆転裁判123 成歩堂セレクション|オンラインコード版

  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: Software Download




それぞれの作品のレビューはこちら。
gamemacine.hatenablog.com
gamemacine.hatenablog.com
gamemacine.hatenablog.com

逆転裁判3

逆転裁判3

・プレイ作品

逆転裁判3

・どんなゲーム?
ナルホドくんの師匠、綾里千尋の新人時代が描かれる作品で、「霊媒」の扱いが大きい。
過去編ではない本編の時間軸としては、2の半年後。

・前作をやっている必要があるか
直接的な続編なので出来れば最初から流れでプレイするのがオススメです。

・総合得点86点 ランクA

・個人的評価 35点 B

・個別評価 51点 A

システム面 13点 A

新しさ 3点
快適さ 5点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 13点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 4点

ゲーマー面 11点 B

やりこみ 3点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
地味に師匠を描くのは過去作にはなかったのでそこはオリジナリティだと思いますが、ゲームシステム的には大きな変化がなかった作品でした。

『快適さ』
前作よりかなり遊びやすくなってました。

『システムのおもしろさ』
大幅な変化はなかったものの、個人的には2のシステムが大好きだったのでむしろよかったです。
GBAとして完成されたシステムだと思いました。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
いろいろてんこ盛りエピソードみたいなイメージです。
作品を俯瞰的に見れてよかったです。
ナルホドくんと千尋さんの衝撃的?な出会いの場面とかetc.

『ストーリーのボリューム』
容量の都合で2でカットされた幻のエピソードも付いたお得なボリューム⁉
全5話です。

『グラフィックと音楽』
相変わらず好きだなぁ~逆転裁判の音楽。

逆転裁判3 オリジナル・サウンドトラック

逆転裁判3 オリジナル・サウンドトラック

  • 発売日: 2016/02/17
  • メディア: MP3 ダウンロード


・キャラクター面について
『個性』
シリーズ共通キャラは省きますが、3最大の特徴と言えばコーヒープレイで湧かせるゴドーさんですね、彼は凄いですよ、目が光る仮面被って法廷来ますからね、それでいて「有罪判決」よりも「真実を暴くこと」を心情とした正々堂々立証する検事です。

『スポットライト』
W主人公制、真宵&春美、心を入れ替えた狩魔冥、ゴドーに加えて1以来の登場となるお騒がせ幼馴染みのヤハリが出ます。
そこそこ活躍するのでヤハリファンは是非?

『キャラ数』
法廷ゲームとしては無難だと思います。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
周回タイプではないですし、ガッとなるゲームでもないのでここは普通。

『満足感(難易度)』
根本的に好きなシリーズなので文句はないです!

『ゲームバランス』
とても遊びやすくなりました。
尖ってもないけど凹みもないバランス型の逆転裁判だと感じました。


最後に
GBAとしては最後の逆転裁判でしたね、今となってはここまでが逆転裁判の1章って感じがします。
だから1・2・3をセットにした作品が出たのだと思います。


逆転裁判3

逆転裁判3

  • 発売日: 2004/01/23
  • メディア: Video Game
逆転裁判3 ベストプライス!

逆転裁判3 ベストプライス!

  • 発売日: 2007/08/23
  • メディア: Video Game
逆転裁判3 NEW Best Price!2000

逆転裁判3 NEW Best Price!2000

  • 発売日: 2008/04/24
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price! - 3DS

逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price! - 3DS

  • 発売日: 2015/04/02
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション|オンラインコード版

逆転裁判123 成歩堂セレクション|オンラインコード版

  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: Software Download
逆転裁判123 成歩堂セレクション -Switch

逆転裁判123 成歩堂セレクション -Switch

  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション - PS4

逆転裁判123 成歩堂セレクション - PS4

  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: Video Game