とある雑食型ゲーマーのゲーム日記

ゲームレビューだったりゲームに関する記事をなんやかんや書いてます。

ガンダムバトルユニバース

ガンダムバトルユニバース - PSP

・プレイ作品

ガンダムバトルユニバース

・どんなゲーム?
ガンダムバトル」シリーズの4作目に当たり、『ガンダムバトルクロニクル』の流れを汲む3Dアクションゲームです。

パッケージイラストはラフレシア、フルアーマーΖΖガンダムガンダムMk-V、ΞガンダムガンダムF91

これまでのシリーズ作品と同じく、アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズを題材にプレイヤーの分身となるキャラクターとパートナーキャラクターを作成して、宇宙世紀の様々な戦乱を追体験できます。

・前作をやっている必要があるのか
この作品をやるにあたって前作をプレイする必要は特にないです。

・総合得点88点 ランクA+

・個人的評価 32点 B

・個別評価 56点 A

システム面 15点 A

新しさ 5点
快適さ 5点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 13点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 4点
キャラ数 5点

ゲーマー面 14点 A

やりこみ 5点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
(ユニコーンを除く)宇宙世紀ガンダムの世界観を追体験できるアクションゲームとしては、10年前の時点でほぼ完成してたと思われます。
そう思わせてくれるほどの高いクオリティーでした。
キャンペーンを始める時にキャラクターを作って時代を選ぶのですが、いきなり逆シャア(好きな時代)を選べたり、時代ごとに所属を選べたり、時代が代わって所属が変われば使える機体がリセットして変わるのが追体験っぽくて傭兵っぽくて好きです。ただし、ZとZZは結構共通の機体が多いです。
機体のカスタマイズも自分好みに出来るのでユニコーンも入ってれば良かったのになあ!!とか無茶な事を思ってしまうほどでした(笑)

『快適さ』
ちょっとだけ癖があるので、アクションゲームが苦手な場合は戸惑うかもしれませんが、慣れたら結構快適です。
レーダーで目に見えない角度からの攻撃でも避けれるし、サブ射撃の武器切り換えだったり、慣れれば格闘攻撃の射程も目測で分かるので攻撃のバリエーションも増えて操作が楽しくなります。
(ゲーム慣れしてる場合は後追いで必要なところだけチュートリアル受ければ十分です。もしくはいっそチュートリアル受けないのも有りです)

『システムのおもしろさ』
キャンペーン中はある程度の制限はあるものの、自由度とカスタマイズ性の高いゲームなので遊んでて楽しくなります。

新システム
パイロットスキル
パイロットが持つ特殊能力。
発動条件が異なる「パッシブスキル」と「アディショナルスキル」が1つずつ、付与されています。

パッシブスキル
常時効果があるスキル。
「スナイパー」「ジャンク屋」「IF貫通」「冷酷」「身軽」「姿勢制御」などがあります。

アディショナルスキル
機体のHPが30%以下になった時に自動的に発動するスキル。
発動後10秒間無敵になる「やらせはせん」、HPが少量回復する「修復」、与えるダメージが1.2倍になる「激昂」などがあります。


僚機指示
パートナーとして出撃しているCPU機に行動を指示するシステムです。
セレクトボタンと方向キーの組み合わせで行えます。

GRAPPLE
「格闘攻撃」を積極的に行う。↑+セレクトボタン。
SHOOTING
「射撃攻撃」を積極的に行う。→+セレクトボタン。
DEFFENSE
「防御」「回避」を優先する。←+セレクトボタン。
SP ATTACK
スペシャルアタックを行う。SPゲージが溜まっていないと使用できない。↓+セレクトボタン。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
オリジナルストーリーとしては時代毎の最初に時代背景を兼ねたあらすじと、最後に申し訳程度にプレイヤーとパートナーの名前が入った戦いの終わりと次の戦地へ赴くことを示唆する内容のナレーションが入ります。

普通にやってれば途中で原作キャラクターが登場し、原作にあったシーンを会話イベントとして挿入していますが、パートナーとしてそのキャラクターを選んでいると、演出の都合上なのか再現シーンがカットされてしまいます。
いいのか悪いのか…軽い時短にはなるかも?

『ストーリーのボリューム』
キャンペーンモードの内容としては、「一年戦争
機動戦士ガンダム』、『08MS小隊』、『0080ポケットの中の戦争』等

デラーズ紛争」
『0083』

グリプス戦役
『Z』

「第一次ネオ・ジオン抗争」
『ΖΖ』

「第二次ネオ・ジオン抗争」
逆襲のシャア

ゲスト参戦
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
機動戦士ガンダムF91

ミッション数、機体数は共に200を越えました。

『グラフィックと音楽』
百式結構好きなので、Z、ZZと使いましたが、光りすぎて最初は目がチカチカしました(笑)

・キャラクター面について
『個性』
機体毎に武器も違えば、特性も違いますのでこれを個性と呼ばずして何を個性と呼ぶ!的な気持ちから満点評価です。

『スポットライト』
基本的には文句ないんですけどね!
唯一の文句はオペレーターとのエピソードが薄いことです。
堀江さんの声で「また同じ舞台ですね!」とか言われたら「好きです!」ってなるのが普通だと思うんですけど、なんで結婚出来ないんですかね!?
別作品のヒロインだからダメなのか…俺、U.C.やってるし別にいいと思うんだけど←そういう問題じゃない

『キャラ数』
あのキャラいない!あの機体がない!ってならなかったので何の文句もないです。

・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
軽い気持ちで始めてみたら気付けば朝になってたよ!がありえるポテンシャルの作品です。
機体育てるのとSランク取るのが楽しい。

『満足感(難易度)』
Zと機体が共通してるからか、ZZだけ若干難易度が高いような気もしましたが、そこまで苦もなく楽しく遊べました。

『ゲームバランス』
機体のカスタマイズに必要なポイントはその機体を使ってstageをクリアした時に貰えるものなので、基本的には好きな機体を強く方針でいいと思います。
ただし、機体毎の成長限界は決まっているので、どうしてもクリアが無理そうなら変える必要があるので自身の腕前と要相談ということで。

最後に
言いたいことは全て既に書いてるので、最後は参戦作品リストで締めましょうか!

登場作品
機動戦士ガンダム
MSV
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で
ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles
機動戦士ガンダム クライマックスU.C.
機動戦士ガンダム MS戦線0079
機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
機動戦士Ζガンダム
ガンダム・センチネル
機動戦士ガンダムΖΖ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
機動戦士ガンダムF91
トニーたけざきガンダム漫画


ガンダムバトルユニバース - PSP

ガンダムバトルユニバース - PSP