とある雑食型ゲーマーのゲーム日記

ゲームレビューだったりゲームに関する記事をなんやかんや書いてます。

パワフルサッカー

・プレイ作品

実況パワフルサッカー

・どんなゲーム?
分かりやすく言うとパワプロのサッカー版です。
パワプロが分からない方用に説明するなら、プレーヤーがオリジナルのサッカー選手を育成し、育成した選手でチームを作って他のプレーヤー(ユーザー)の作ったチームと対戦して遊んだりできます。
パワプロアプリと同じ世界観でコラボも実現しています。

・前作をやっている必要があるか
ここではコラボ先の相手のことですね。
パワプロはもちろん、マンガとのコラボもあります。
答えとしてはコラボ先を知らなくても問題ないです。
理由としては、コラボの時の各ストーリーもしくはイベキャラの固有イベントで上手いこと補完されているからです。

・総合得点98点 ランクS

・個人的評価 40点 A

・個別評価 58点 A

システム面 15点 A

新しさ 5点
快適さ 5点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 14点

やりこみ 5点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)
始める前に少しなめてのはポジションごとの幅の広さです。
単にFW、MF、DF、GKではなかったのが個人的に高評価の理由です。

サッカー詳しくない人にも分かるように説明すると、
FWは所謂、点取り屋です。最近で言うと大迫選手。僕が好きなのは大久保嘉人さん。トーレス選手もFWです。
FWは細かく4つに分類されます。
分かりやいエース的ポジションで自陣の先頭、ど真ん中で相手DFと常に対峙するポジションはどのフォーメーションでも使うことになると思うので、1人は育てておきましょう。
残りの3つはフォーメーションによって使ったり使わなかったりなので戦術に合わせて育てましょう。
雑に説明すると、左右それぞれから点をもぎ取るFWや、やや後ろからスナイパーの如く狙い打ちするシャドウ的なFWがいます。

MFは、ざっくり言えばフィールドの中盤に位置するポジションです。
攻撃的MFと守備的MF、攻守双方をこなすLMF、RMFがあります。
MFに共通して必要なのはスピードです。
あとは攻守のどちらに重きを置くかで変わります。
全ポジションの中で最もバランスよく育てることを意識するポジションですね。
MFの有名選手はやはり、本田選手、香川選手の2大巨頭でしょうか。
守備的MFだと長谷部選手のイメージですが、最近はDFにコンバートしたと聞きました。

DFは自陣近くで相手にプレッシャーをかけたり、ボールを奪ったりするポジションなのでテクニックとスピードが求められます。オフェンス能力は上げなくても大丈夫ですが、パワーを上げると当たり負けしないフィジカルの強い選手に育ちます。
DFは未だに内田選手のイメージが強いです。

GKは専用の特能を根こそぎ取るのを優先したほうが安定するイメージです。

『快適さ』
あくまでも個人的な感想ですが、快適そのものでした。
推奨端末よりスペックが劣る端末でプレイしてもほぼストレスがなかったです。
プレイヤー毎に自分に合ったプレイスタイルで試合が出来るのも嬉しいですね!
サクセスもショートカット機能とスキップ機能を使えば結構スムーズにキャラを育てられます。(どちらもワンタップでON/OFFの切り替えが出来るのも高評価)
ガチャの当たり外れは個人差あるので評価の対象外です。
唯一煩わしさを感じたのがマッチングの時に時間帯によっては数分待ってもヒットしない問題でしたが、10秒程待ってもマッチングされなければ一度キャンセルして再度やれば意外とマッチングされるのでそんな感じでやれば大体10秒~30秒でグループ作られます。
なので、個人的には本当に文句がないことになります。

『システムのおもしろさ』
サクセスに関してはパワプロ同様に学校毎に特長があって面白いです。
スタジアムに関しては稀に理不尽に感じることもありますが、基本的には楽しいものです。

サクセス
アドベンチャーゲームで選手を育成するメインモードです。
高校サッカーが舞台で、プロ入りするのが目標です。
一部のシナリオは「限定ルート」があったり、期間限定で『パワプロアプリ』とのコラボシナリオ「パワフル高校 青空タッグ編」が選択できるようになっています。
パワプロアプリ』と同じようにイベントデッキシステムが採用されています。

スタジアム
オリジナルのチームを作成し、他のプレイヤーのチームと試合をするモードです。
リーグレベル制になっていて、規定の試合数をこなしていない(プレイしていない)場合は、月曜日に自動的にリーグレベルが下がる仕様になっています。
現在の仕様では、オンライン対戦ではなく、相手チームが決まった時点で対戦チームはCPUとなります。

対戦方式はシュートとセービングのみの操作、試合の途中から全操作、CPU操作かのどれかを選択できます。
試合結果に応じてスタジアムメダルとガチャPが獲得できます。

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
ストーリーの雰囲気はやはりパワプロに近いです。
あの感じいいよね!
学校毎に特徴あるので選手育成とは別にストーリー目当てでとりあえず1回フルで遊ぶのも有りですよ!
パワプロシリーズでお馴染みの彼女システムも健在で、ちょっとしたギャルゲー間隔も楽しめます。
男女問わず、お気に入りキャラのイベントは楽しいですね♪

『ストーリーのボリューム』
学校別のシナリオも各キャラのイベントもそれぞれ満足のいくボリュームでした!

『グラフィックと音楽』
軽く感動を覚えました。
パワプロ絵なので圧倒的美麗という訳ではないですが、キャラの顔立ちを完全再現していて、実写ではないウイイレって感じします!

・キャラクター面について
『個性』
イベキャラはそれぞれキャラが立っていて、個性豊かなタレント揃いです!

『スポットライト』
デッキに設定した場合はチームメイトとしてガッツリ。という感じですね!

『キャラ数』
キャラ全体の数としては結構な数です。
狙い打ちするのは少々難しい印象はあります。
そこは根気です。粘り勝ちなら狙えなくもないです!

・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
強いチータを作る為にはとにかく根気強く粘り強くゲームを遊び続けることでガチャ券を手に入れてイベキャラのレベル上げたり重ねたりして、サクセスして適材適所の強い選手を作って…の繰り返しなのでコツコツやれる人や長い目で見てプレイできる人が強くなれます。
なので、今から始めても全然大丈夫です!
サクセス、スタジアム共に時間やスマホのバッテリー残量を忘れちゃうぐらい熱中しました!

『満足感(難易度)』
ゲーム全体としてスポーツゲームとしてこれ以上ないぐらい満足しています。
システムの都合上、対人要素は薄めですが、それ故の遊びやすさがあるのでむしろ高評価です!
難易度は慣れるまでは少し難しいかも?
シュートやセーブの時の操作はプロスピの感じです。(サークルに対してタイミングを合わせるあれ)

『ゲームバランス』
不満はないのです。
が、サクセスはイベキャラ依存なので、強い選手を作るにはどうしても…という選手が存在します。(金特的な意味で)
やっぱり期間限定のイベキャラは強しです。
さんざん言われてますが、パワサカキャラより実在選手のイベキャラをデッキに組み込んだほうが強い選手は作りやすいです。
ただし、パワプロコラボはレアリティが低くてもパワプロキャラを多く編成したデッキのほうが有利なので、ケースバイケースですね、攻撃陣は少し意識したほうがいいです。
ストライカーの能力が発動すればそこは超次元サッカーの領域だ!(笑)
まあ、正直言うともっといいゲームになるポテンシャルを秘めてるので、期待を込めて満点にしてないだけだったりもします。

最後に
元々が子供の頃からパワプロやって育ってるというのも関係あるかもしれませんが、遊んでで一切の文句がないというか、遊びやすいし、面白いし、熱中して時間忘れちゃうの3拍子が揃っているのでこれはコンシューマーでも出してほしいぐらいです。
パワプロみたいにヒロインに声付けるとまた違うテイストで楽しめそうなのでちょっと期待しています←
それでもまだ改良の余地はあるというか、もっと遊びやすくなるにはこう!みたいなのはあります。
ゲームバランスの4点は今後への期待も込めています。
僕の専門は野球なのですが、サッカー漫画も読みますし、サッカーアニメも見ます。
エリアの騎士が結構好きだったので多彩なフォーメーションやポジションはテンション上がりました!
このゲームはコンシューマーと比べても引けは取らないと思っています。
後は合う合わないの差ですかね!
コナンの灰原さんがチームとして試合するのは違和感ありましたがw
灰原さんって確かどっちにしろ高校生ではなかったような(笑)
そういうツッコミ所も含めて楽しいです!
コンシューマーだと他作品とのコラボという面ではどうしても劣りますもんね!

あ、めちゃめちゃ個人的な不満ありました!
サッカーのほうならもしかしてみずきちゃんと恋人になれるかも⁉とか期待したのに!!(笑)
僕が知らないだけで恋人ルートは存在するって信じてます!


ちなみにですが、本家超次元サッカーことイナズマイレブンのゲームは個人的にこれがおすすめだったりします。
3DSイナズマイレブンGO2
ストーリー的にもシステム的にもめちゃくちゃ好きで、昔ハマってずっとやってました。
100時間越えゲームの一員ですね!