とある雑食型ゲーマーのゲーム日記

ゲームレビューだったりゲームに関する記事をなんやかんや書いてます。

討鬼伝 モノノフ

・プレイ作品
討鬼伝 モノノフ

・どんなゲーム?
鬼とそれを討つ者、モノノフの戦いを描くシリーズの新ストーリー。(多分外伝的な立ち位置だと思われます。)
様々な武器とミタマ(英雄の魂)を駆使して鬼を討て!伐て!

・(シリーズ作品の場合)前作をやっている必要があるのか
このゲームをやるにあたってvita及びPSP作品をやる必要は特にないです。
とは言え、vita及びPSP討鬼伝から出てくるキャラクターもいるのでキャラへの愛着に違いは出るかもです。

・総合得点82点 ランクA+

・個人的評価 40点 A

・個別評価 42点 B

システム面 13点 A
新しさ 4点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 9点 C
ストーリーのおもしろさ 3点
ストーリーのボリューム 2点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 10点 B
個性 3点
スポットライト 3点
キャラ数 4点

ゲーマー面 10点 B
やりこみ 5点
ゲームバランス 1点
満足感(難易度) 4点

ここからは個別レビューです。

・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
ハンティングアクションゲーム…所謂狩りゲーです。スマホ向けの狩りゲーとして は完成度が高めだと思いました。狩りゲー×ソシャゲ要素って合うんだなーと感じました。

ここからは武器について書いていきます。

太刀…最もこの作品に合うであろう和の武器の代表格です。侍風スタイルを目指すならこれで決まり!
固有技は太刀です。
敵に近付いて上方向にスワイプすると発動します。その後通常攻撃をすると刀傷が付きます。もう一度上方向にスワイプすると刀傷を攻撃することが出来ます。
一気に大ダメージと部位破壊を狙えます。

双刀…太刀に並ぶ2枚看板!?忍者風スタイルを目指すならこれで決まり!お供に付けてもイメージバッチリ!
固有技は双刀です。
敵の近くで上方向にスワイプすることで跳躍し、空中で攻撃することが出来ます。空中で攻撃後に長押しするか、5回目の攻撃で回転が発動して回転斬りをしながらゆっくり着地していきます。回転で大ダメージが狙えます。
また、空中で上方向にスワイプすると飛燕が発動して垂直に下降しながら同時に攻撃出来ます。
空中では受けるダメージも増えてしまうので、鬼の攻撃を察知したら迷わず飛燕からの回避で避けましょう!

槍…日本一の兵もこの武器でしたね!
固有技は槍です。
相手の近くで上方向にスワイプすると発動します。簡単に言えば連続突きです。発動中にタップ連打する事で突きの数が増えて大ダメージが狙えます。
通常攻撃3発目以降に使うと溜めが短縮されます。
隙が大きいので上手く組み合わせて戦いましょう!
また、相手から離れた状態でタップすると、鷹襲突が発動して一気に相手へ詰め寄って攻撃します。見た目的にはジャンプして弧を描くように相手に向かって行く感じで格好いいです!

手甲…その見た目、まるでボクシング!?デンプシーロール(百烈拳)を叩き込め!
固有技は手甲です。
鬼の近くで上方向にスワイプすると百烈拳が発動します。
発動直後は無敵で、攻撃が当たる度に攻撃速度が上がっていきます。
通常攻撃4発目以降に百烈拳を発動すると威力が上がります。

鎖鎌…鎖鎌と言えばサムライチャンプルーの子安さん思い出しますね!この武器怖い!
固有技は鎖鎌です。
相手から離れて下方向スワイプもしくは相手の近くで上方向スワイプで分銅射出が発動します。
空中でブンブン鎖鎌振り回します!
通常攻撃を最後まで当てきってから分銅射出すると威力が上がります。

弓…部位破壊のスペシャリスト
固有技は弓です。
相手から離れて下方向にスワイプ(長押し)することで印矢が発動します。
長押しの時間に応じてマーカーの数が増えます。
マーカーの付いている部位に通常攻撃の4発目を当てることで防御力が低下して更に破壊しやすくなります。
ハマると快感になります!

金剛棒…自己完結型のセルフ相性補完!?
固有技は金剛棒です。
相手に近付いて上方向にスワイプすると豪打が発動します。
豪打を当てれば当てるほど通常攻撃が速くなります。
また、豪打を当てた後に長押しすると、3回まで溜めれます。溜めることで通常攻撃の速度UPもより効果的になります。
通常攻撃3発目を当てた後に豪打を発動すると溜めの時間が短縮されます。

『快適さ』
サービス終了に向けてのアップデートが終わった後のスタートなので特に問題なく普通に楽しく遊べました。
ソロユーザーにとっては快適さ満点…とまではいかないにしても十分過ぎるぐらい遊びやすかったです!
ただ、一応謳い文句として書かれてあるマルチプレイ要素が皆無なのでそこを期待すると…です。
ソロプレイ派のみが楽しいという認識でOKです。

『システムのおもしろさ』
狩りゲーとしてもソシャゲとしても教科書通りの基本は押さえてる感じでした。
ここだけ聞くと大したことなさそうに聞こえると思いますが、スマホで狩りゲーをやるのも悪くない。と思わせてくれた良ゲームには違いないです。
武器の種類については前述した通りですが、そこに加えて属性が加わります。
各武器が持っている属性の火、水、風、土、天は基本的には対峙する鬼の弱点属性を装備しましょう。
そして、それとは別の、武器、防具に付いてある攻、防、癒、魂、隠については同じ属性を持つミタマを装備することで恩恵をフルに得ることが出来ますので、手間を惜しまず属性を合わせましょう!

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
前半はともかく途中作業感強くなりました。
復刻されたイベントに関してはイベントストーリーもほぼほぼ似たような雰囲気でしたね、そこは残念です。
最初は2点を付けてましたが、同じ展開のストーリーに飽きてきただけで全体のストーリー的には別につまらない訳ではないので可もなく不可もなくな点数にしました。

『ストーリーのボリューム』
これは残念ながら…
不完全燃焼だったのかな?残念です。

『グラフィックと音楽』
和のテーマにふさわしいとは思いました。
グラフィックに関しては好き嫌い分かれそうですが、和風の音楽はほんと素晴らしい。素晴らしいの一言です!

・キャラクター面について
『個性』
平均的な感じでした。

『スポットライト』
お頭が強いのか他が薄いのか…

『キャラ数』
これはミタマの数ですね!有名な人から少しマイナーな人から神様まで色とりどりでした!

・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
これは基本コレクター要素です。サービス終了が残念ですね…

『満足感(難易度)』
個人的には満足度は高めです。難易度は…評価し辛い(笑)後述を参考にして下さい?

『ゲームバランス』
初めて付けました、ゲームバランス1点。
満足度に対して何故この点数なのか…
それは、ある程度回避が出来るプレイヤーは強力な助っ人を連れていけばクリアそのものは簡単に出来てしまい、一緒のバランスブレイカー状態になっているからです。
助っ人は任意で選べるとはいえ、平等性に欠けるかな?って思いました。
攻撃力1200の助っ人と攻撃違いないです12000の助っ人が同じリストに乗ってるのはちょっと…フレンドの意味も薄くなるし(笑)
ランクもしくは自分の強さと同等の助っ人しか連れて行けないとかだと快適さと引き替えにゲームバランス取れたかと思いました。
まあ、でも過疎化によってマルチプレイが出来ない以上、規格外の強さの助っ人は初心者にとってはありがたいとは思います。何もしなくても勝てるってことですが…

最後に
このゲーム(アプリ)は4月2日の11:59にサービスが終了されます。
なので、残り1ヶ月でどこまで楽しめるかをコンセプトに2月半ば頃~2月末までにかけてレビュー記事を書く予定でしたが、大幅に遅れてしまって申し訳ないです。
暇潰しだったり、スマホでやるハンティングアクションゲームがどんなものか試しプレイしてみたかったり等、数日から1週間程遊ぶ分には十分楽しめると思います。