とある雑食型ゲーマーのゲームミュージアム

基本的には少し古めのゲームを改めてプレイしてみてレビューしてます。

バトルスピリッツ 輝石の覇者

ルスピリッツ 輝石の覇者 - PSP - Wii

・プレイ作品

バトルスピリッツ 輝石の覇者

・どんなゲーム?
カードゲーム×アクションゲームの融合、これがバトスピだ!!
と謳ってますが果たしてそうなのか?って思うぐらいTCG要素は薄い異色の衣食の作品。
馬神トッパと馬神弾の夢の競演⁉いいえ、ただの共演です。

一部の世代にしか分からないかもしれませんが、イメージ的には仮面ライダー龍騎みたいなシステムが近い気が。

・総合得点65点 ランクB+

・個人的評価 28点 B

・個別評価 37点 B

システム面 11点 B

新しさ 5点
快適さ 2点
システムのおもしろさ 4点

ストーリー面 7点 C

ストーリーのおもしろさ 2点
ストーリーのボリューム 2点
グラフィックと音楽 3点

キャラクター面 10点 B

個性 3点
スポットライト 3点
キャラ数 4点

ゲーマー面 9点 C

やりこみ 3点
ゲームバランス 3点
満足感(難易度) 3点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
ぶっちゃけこの発想はなかったですね、バトスピ(TCG)と思って買ったらなんかアクション入ってるし、アクションゲームにしてはカードの引きに左右される上にマナが溜まるまで移動と回避ぐらいしか出来ないし、もう何押しか欲しかったです。
が、それこそ仮面ライダーではないので通常攻撃なんて付けられる訳がないのは分かるのでポジティブに捉えました。

『快適さ』
プレイしててテンポがあんまり良くないと感じることが多々ありました。
カード買うときも1パック毎にセーブされるとテンポが…いやまあ、いいんですけどね?

『システムのおもしろさ』
とはいえ、ある程度慣れてくればこのバトルシステムはなかなか面白かったです。
野良バトルはいらなかったですが…マジでテンポが悪くなる。
バトスピセンターのフリーバトルだけでよかったんじゃないかと本気で思います。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
バトスピアニメあるあるみたいなものをぎゅっと凝縮した感じですね、部活動的な流れで全国大会へ、からの何とか王みたいなアレ。
別に嫌いではないです。ただ、バトスピの主人公が3人いると胸焼けしそうってだけです。

あと個人的にゲームの主人公の霧笛セイヤが嫌いでした。
トッパとセイヤは先輩後輩で似た者同士設定なんですけど、両方ヒロインの扱いがあんまり……まあ、彼女達がそれでいいならいいんですが。
無神経な発言されても助けに来てくれるから許すとか熱血バカあるあるですね。
1人でよくね?ってのが本当に正直な感想です。

セイヤが野球部からバトスピ部にみたいなキャラなんですけど(厳密にはトッパに憧れて中学からバトスピ部)、野球喩えがウザすぎる。
野球好きな僕でもいい加減鬱陶しいって思うぐらい毎回言ってるのでちょっとこの人無理…って大人げなく思いました。

『ストーリーのボリューム』
テンポが悪めなせいでプレイ時間こそそこそこかかりましたが、全10話はちょっと少なかったかもですね、セイヤのバトスピ力急成長し過ぎやろ…っていう。
メガネコはまだしもストライカー、ましてやJとスイレンとトッパを前座みたいにしたのはやりすぎかもしれませんね、それならもうちょっと話数割いたほうが良かったかも。

『グラフィックと音楽』
微妙…とりあえずそこまでテンション上がるものではなかったです。
声優さんの熱演はよかったです。


・キャラクター面について
『個性』
セイヤに関しては上記で触れてるのでヒロインのレンゲちゃんについて。
「じっくりゆっくりきっちり」が口癖の説明を求めてくるわりに他人とずれた価値観で一風変わった答えを導き出す女の子です。
ゲームには関係ないですが、レンゲちゃんはストーリーにおいて僕の唯一のモチベーションだったりしました。
グループとしてもソロとしても歌手活動している戸松さんに音痴役させてるの面白すぎて歌になってないとセイヤに否定されたところも全部聴きました(笑)音の外し方が絶妙でしたね、さすがです。

『スポットライト』
ちょっと偏ってたなーっていう印象です。

『キャラ数』
開発時期考えたらこれがベストだったとは思います。
が、収録カード数はもう少しあってよかったと思います。
Xレアが属性毎に1枚(赤だけ2枚)のせいかお前はもう見飽きたよ…現象が起こってしまいます。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
そんなに意識せずになんとなくテキトーにパック買ってらいつの間にかカードも半数は集まりますし、特別優れたやりこみ要素があるわけではないと感じました。

『満足感(難易度)』
それなりには楽しみました。それなりに……ね。

『ゲームバランス』
意外と難しいけど慣れれば案外そうでもない的な。
でも結局はレベルアップしたXレアゲーな気がしました。
初手で引けたら結構時短になりました。


最後に
これはこれでそれなりに楽しみましたが、それでもあえて言います。
僕は普通にTCGとしてバトスピがやりたかったなー、と。

正直パッケージ買いなんですけど、まだ僕の好きなダンさんじゃなかった(笑)
これターゲット層どこで想定して作ったんだろう?


ルスピリッツ 輝石の覇者 - PSP - Wii

ルスピリッツ 輝石の覇者 - PSP - Wii

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • 発売日: 2009/11/12
  • メディア: Video Game