とある雑食型ゲーマーのゲームミュージアム

基本的には少し古めのゲームを改めてプレイしてみてレビューしてます。

アイドルマスターSP パーフェクトサン

アイドルマスター SP パーフェクトサン(特典なし) - PSP

・プレイ作品

THE IDOLM@STER SP パーフェクトサン

・どんなゲーム?
ストーリー重視のストーリープロデュースモードとフリープロデュースモードの2つのモードが遊べるアイドルマスターSP3作品の内の1つ。

パーフェクトサンは、天海春香高槻やよい菊地真の3人をプロデュースすることができ、我那覇響がライバルキャラとして登場。
イメージカラーは赤。

・前作をやっている必要があるか
アーケード版やXbox 360版をベースにしているところはありますが、やっていなくても問題はないです。

・総合得点94点 ランクS

・個人的評価 40点 A

・個別評価 54点 A

システム面 12点 B

新しさ 5点
快適さ 2点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 15点 A

ストーリーのおもしろさ 5点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 12点 B

やりこみ 5点
ゲームバランス 3点
満足感(難易度) 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
ソシャゲでは出来ない真のアイドルマスターがここに!って感じですね、1人を選んで二人三脚でトップアイドルを目指すことこそがアイドルマスターだ!!

能力を上げる為のレッスンがそれぞれミニゲーム方式になっていて、一筋縄ではいかないことも?逆に得意なミニゲームだと狙って(安定して)パーフェクトレッスンを行えるのでプレイヤーの様々な能力も問われることになります。
ルフレッスンでアイドルに任せるのも1つの手なんですけど、このシステムは約束の時間を設定し、PSPをスリープモードにして設定時間と再起動時の誤差が成果になるのでやや特殊ですよね、ラブプラス思い出しました。

また、アイドルのテンションを上下する朝の挨拶やメールでの約束システム、アイドルとの約束などプロデュースを有利に進められるシステムは瞬発力と記憶力とちょっとした洞察力が試されます。

『快適さ』
結構判定厳しいですよね、そこが面白さでもありますが。

『システムのおもしろさ』
レッスンも普通に面白かったですし、オーディションもちょっとした駆け引き有りで面白かったです。
流行りに乗るのが効率的且つオーディションに受かりやすい秘訣ではありますが、3項目抜かりなく使わなければならないのは面白いシステムですよね、トップアイドルたるもの能力値的に1つたりとも穴があってはいけないということですね。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
ぶっちゃけ好きなキャラがやよい、響なのでそれだけで贔屓したい気持ちはあるんですけど、それはそれとしてストーリー重視と銘打つだけあって面白かったです。
ほぼ同期の新人アイドル同士の熾烈な争い……という名の打ち負かすことで聞き分けのない我那覇さんを遠回しにプロデュースしている⁉
そんな内容ですね、我那覇さん素直過ぎるから感情がダイレクトに反応に出てて敵ながら最高のヒロインしてました。

『ストーリーのボリューム』
三者三様のストーリー展開なんですけど、響の反応が違いすぎて我那覇響のプロモーションとしては最高のボリュームなんじゃないかと。
まあ、冗談は置いといて、3タイプに分けただけあって結構ちゃんと差別化されてました。

ただ、パーフェクトサンはサブストーリーが控えめで、担当アイドルとイベントかと思いきや響のペット逃亡イベントなので響が好きじゃないとうざったいかもしれません。好きでも胃もたれするかもしれません。でも個人的には有りでした🙆

『グラフィックと音楽』
ぶっちゃけアイドルマスターでここが悪い作品はないと個人的には思ってます。
生命線に等しいのに手を抜くはずはない。
曲によってイメージ変わるの凄い。


・キャラクター面について
『個性』
春香は無個性、やよいは純粋無垢、真はクールな王子だけど実は……
響は良くも悪くも素直でどこまでも真っ直ぐ。
わりと王道スタイルだと思うので、イメージカラーの赤は納得です。

『スポットライト』
これは文句なし。
個人的には黒い社長が意外と出てきたので嬉しいです。思ったよりは、ですよ?

『キャラ数』
少なめですが、作風的にちょうどよかったです。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
プロデューサーごとに様々な遊び方があると思うので一概には言えませんが、3ソフト分のセーブデータを読み込む(連動させる)事で残りのアイドルを呼び出すことができたり、通信で競わせたりできるので、本当にいろいろな遊び方ができます。
また、衣装集めやアクセサリー集めもあります。

『満足感(難易度)』
クセは強いがクセになる。そんな感じでした。
コツさえ掴めば難しくはない難易度だと思いますが、舐めてると失敗するシビアさはあります。

『ゲームバランス』
基本的に同じことの繰り返しなのですが、それ以上の楽しさがありました。
日々変わりゆく流行りを見ながらオーディションを選ぶのが効率的ですが、苦手なレッスンで能力が上げづらい項目を流行り無視で曲やアクセサリーで補ってもどうにかなるラインだったりするのでありがたいです。
そういうやり方は後半のIUはわりと厳しいこともありますが、IUならではの特権をフル活用して営業で思い出作れば何とかやりくりできます。

フリープロデュースは難易度も選べて52週間後の引退までをプロデュースするモードなので、ストーリープロデュースよりやや自由度高いです。

最後に
パーフェクトサンは我那覇響への愛が抑えきれてないレビューになったので、残り2作品はネタバレ控えめに書きます。

3作品のレビューを別に書く時の差別化として1作品はガッツリ主観で私情も出そうと決めた結果でした。すみません。

ちなみに天海春香はとにかく普通の子なのでからかい甲斐のあるナイスリアクションの持ち主だったのでどうしてもそういう選択肢を選んでしまってプロデュース的には非効率だったのに上手くやってくれる優秀でいい子です!

あ、そういえば担当アイドルの芸名付けるの面白かったです。
付けても普段の呼び方は名前呼びなのであだ名ではないのがポイントですね!

アイドルマスター SP パーフェクトサン(特典なし) - PSP

アイドルマスター SP パーフェクトサン(特典なし) - PSP

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナムコ
  • 発売日: 2009/02/19
  • メディア: Video Game
アイドルマスターSP パーフェクトサン PSP the Best

アイドルマスターSP パーフェクトサン PSP the Best

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナムコ
  • 発売日: 2010/01/28
  • メディア: Video Game