とある雑食型ゲーマーのゲーム日記

ゲームレビューだったりゲームに関する記事をなんやかんや書いてます。

家庭教師ヒットマンREBORN バトルアリーナ2 スピリットバースト

家庭教師ヒットマンREBORN! バトルアリーナ2 スピリットバースト Best Collection - PSP

・プレイ作品

家庭教師ヒットマンREBORN!バトルアリーナ2 スピリットバースト

・どんなゲーム?
原作の「未来編」(メローネ基地突入作戦の部分)を軸に構成されたオリジナルストーリーと、スピリットカードによる10000通りのカスタマイズ性が魅力の2D対戦格闘ゲームです。

参戦キャラクターは以下の24名。
沢田綱吉
獄寺隼人
雲雀恭弥
六道骸
ローム髑髏
山本武
大人ランボ
笹川了平
XANXUS
ラル・ミルチ
10年後雲雀恭弥
10年後六道骸
γ
幻騎士
ジンジャー・ブレッド
キング・モスカ
白蘭
10年後ベルフェゴール
10年後スクアーロ
10年後XANXUS
10年後ディーノ
10年後獄寺隼人
10年後山本武
10年後笹川了平

・前作をやっている必要があるのか
全く問題はないですが、完全にファン向けのゲームなので、リボーン初心者にはあんまり向いてないとは思います。

・総合得点84点 ランクA+

・個人的評価 32点 A

・個別評価 52点 A

システム面 11点 B

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 4点

ストーリー面 12点 B

ストーリーのおもしろさ 5点
ストーリーのボリューム 4点
グラフィックと音楽 3点

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 4点
キャラ数 5点

ゲーマー面 13点 A

やりこみ 4点
ゲームバランス 4点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
前作と比べた場合、キャラクターは2倍、カスタマイズ性は10倍以上とキャラゲーとして申し分ない進化だと思います。
また、最低限の格ゲー要素に抑えてるので格ゲー風の気分でリボーンのキャラクターを操作できます。結構絶妙なバランスなのでがちゃがちゃしてPSPにあまり負担かからないのGOODです(キャラゲー
的に)。

『快適さ』
技の違いはあるものの、操作方法としては全キャラ共通なので極端に変化することもなく、比較的遊びやすいです。
バトル前のロードが若干長く感じるところ以外の不満は特にないです。

『システムのおもしろさ』
リボーンらしさ全開というか、上手いこと組み込んでます。
チュートリアルと所謂チャレンジモードがセットになっているモードがあるのですが、対戦相手がかてきょー役で成績に合わせて微妙にセリフ変わるのとかいいですよね、地味に痺れました。

・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
このゲームのストーリーは個人というよりチーム毎に分けられたものです。
ボンゴレチーム、ミルフィオーレチーム、ヴァリアーチーム+α(ネタバレになるので伏せます)の中から選んだキャラに合わせて共通のイベントシーンを挟みつつ進行して行く感じです。
同じ舞台の裏側、側面のエピソードなんですが、個人的にはヴァリアー編のEDが好きすぎる。

『ストーリーのボリューム』
それぞれのエピソードに最初、合間、ラストに同グループなら共通のイベントシーンが挿入されます。
バトル回数はどのエピソードも一律10戦です。

『グラフィックと音楽』
悪くはないんですが……クロームはもっと可愛いはずだ!!っていうめんどくさいオタクモードが発動しました←

・キャラクター面について
『個性』
主にヴァリアーが面白いですよね!
いや、雲雀さんもなかなか濃いけど(笑)

『スポットライト』
これめちゃくちゃ上手く作ったと思います。お見事。
強いて言えば個別エピソードがあればなおよかったですが、容量的に仕方ないですね!

『キャラ数』
ボンゴレファミリーの10年後ってかさ増しじゃね?って思わなくもないですが、ここはあえて不問にしましょう!


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
気付けば一通り遊んでました。
好きなキャラクターにアクセサリーを付けて自分好みにして名刺代わりにするのはもしかして時代の先駆けだった⁉

『満足感(難易度)』
キャラゲーとして、満足感は高めです。

『ゲームバランス』
基本的にはどのキャラクターを使っても詰むほど難しくもなく、かつキャラクターごとの差別化も出来てたので絶妙なバランスを感じました。

最後に
何度も書いてますが、あくまでもキャラゲー×格闘ゲームの評価です。
純粋な格ゲーとしてはぬるゲー中のぬるゲーだと思います。
カスタマイズ性も評価はしましたが、見た目が変わるだけなのでゲーム性としてキャラクターを自 分好みのスタイルにできるというものではありません。