とある雑食型ゲーマーのゲームミュージアム

基本的には少し古めのゲームを改めてプレイしてみてレビューしてます。

メダロットDSのシステム

僕にとっては体験版以外では初のメダロットだったので、違和感や抵抗はないのですが、システムが異なるみたいなのでまとめてみました!

DSと従来作の主な違い
・メダルのステータス
・スキルとレベルの関係
・メダフォース制度の変更
・性格
・パーツのステータス
・メダリアに関して
・ロボトルのルール・システム
・登場わざの簡易解説
・ワイヤレス通信・Wi-Fi通信に関して
・対戦
・パーツ転送
・ゲームのシステム


メダルのステータス
メダルに固有の愛称を付けることはできません。
(メダロット単体の呼称は頭部パーツの種類によって変化します。)


スキルとレベルの関係
DSでは、過去の熟練度制と異なる「スキル制」が採用されています。
1枚のメダルにつき、3つの『得意なスキル』を所有しています。

『得意なスキル』のレベルは対応したスキルをもつパーツを何度も使用することで上がります。

『得意なスキル』のレベルが上昇すると、対応したスキルのわざを使うときに、成功や威力、充填、冷却が上がります(スキルの種類によって例外有り)。

各得意なスキルのレベルの合計値がそのまま『合計レベル』となります。

『合計レベル』が上がると、回避率や防御成功率、被ダメージ減少能力、クリティカル率が上がります。

合計レベルの上限は99で、レベルのリセットは出来ません。

得意なスキルと得意な脚部で組み立て時には◎がつきます。


メダフォース制度の変更
メダフォース(所謂必殺技)は2種類あり、レベル20、50でそれぞれ習得します。

戦闘中に「『フォースチャージ』行動で溜める」・「ダメージを受ける」でメダフォースゲージが上がります。
満タンになったら対応するLRボタンもしくはタッチで発動できます。

DSのメダフォースは、種類によっては発動までの時間が異なる(充填と冷却が設定されている)ものもあります。

また、種類によっては対応したパーツをつけていないと正しく発動できないものも存在します。
種類によっては防御されることがあり、防御された場合は威力減少します。


性格
基本的に従来のものを踏襲しつつ、「テクニック」のリストラや新性格の追加がされました。

名称と傾向
スピード…脚部パーツから狙います。
パワー…装甲の高いパーツから狙います。
スナイパー…頭パーツから狙います。
ハンター…装甲の低いパーツから狙います。
プロテクト…まもる・なおすパーツから狙います。
チェンジ…がむしゃら・ねらいうちパーツから狙います。
リカバリ…なおす・まもるパーツから狙います。
アシスト…たすける・しかけるパーツから狙います。
ランダム…パーツ・ターゲットをランダムに決定します。


パーツのステータス
「熟練度」名称は『スキル』、「行動・攻撃特性」の名称は『わざ』に表記変更されました。

また、スキルの内容も従来の熟練度を踏襲しつつ一新されました。

「ぼうがい」行動が無くなり、特殊な攻撃によって相手に不利な影響を及ぼすことができるようになりました。

自分・味方を支援する行動は「たすける」に統一され、それに伴い「おうえん」「とくしゅ」は廃止されました。

「なおす」「まもる」はそのままですが、索敵に相当するレーダーサイトは「たすける」になっています。
「せっち」は「しかける」に呼称変更されています。

「充填と放熱」が『充填と冷却』に表記変更されました。
また、値が大きいほど、わざを使用するまで・使用した後のスピードが早くなる仕様に変更されました。

頭部パーツはパーツごとに『充填と冷却』値が設定されています。固定値ではありません。

脚部のステータスは装甲と『移動・回避・防御・射撃・格闘』になりました。

『移動』は従来作の「推進」に該当します。
この値が大きいほどスピードが速くなり、がむしゃらスキル時の威力が上昇します。

『回避』は従来作の「機動」に該当します。
この値が大きいほど回避行動の成功率があがります。

『射撃』は「うつ・ねらいうちスキル」、『格闘』は「なぐる・がむしゃらスキル」の適応度を表します。
対応した数値が大きいほど、それぞれのスキルをもつわざ使用時の成功・威力などに影響します。

一部脚部タイプの制度が変更されました。
破壊された時は二脚と同じ扱いになります。

よって、潜水・飛行タイプの脚部を壊してしまうと、アンチシー・アンチエアの特殊効果が入りません。

多脚型のみ、シャトルラン時に後ろを向かないため、常時デストロイを受け付けません。
ただし、破壊されればこの効果は消滅します。

ティンペットの性別を無視して装着可能な『ニュートラルパーツ』がごく少数登場します。


メダリアに関して
クリア後から入手可能です。
各メダルに1つだけ装備可能です。
従来の作品とは違い、メダリア1つ1つに「スキルレベル追加」や「充填強化」、「チャージ量増加」等といった固有の効果が付加されています。


ロボトルのルール・システム
戦闘から逃げる前に相手使用メダロットを確認可能になりました。
戦闘に敗北してもパーツを奪われなくなりました。
こちらは一部の相手を除き、従来通り奪う事が可能です。

各メダロッターの使用するメダロットに関してはパーツ混合が多いですが、 純正で使用する相手もいます。
また、基本的にエンカウント時は1~2体であることが多いです。
イベント戦は主に3体がほとんどです。

シャトルランが縦型で表示されます。
「なぐる・がむしゃら・ねらいうち」スキルを持つわざ使用後のペナルティ期間が変更されました。
どれも冷却時のみ(中央のアクティブラインでわざを使用してから、手前のコマンドラインで命令を再度受け付けるまで)のペナルティになりました。

メダフォースのため方が変更されました。
下キーで『フォースチャージ』行動となり、 選択すると対象のメダロットは、コマンドラインで待機したまま一定時間メダフォースを溜め始めます。
チャージ中は攻撃を回避できませんが、必ず防御行動を行います。
パーツが破壊された時は自動的にチャージ行動が中断されます。

射撃攻撃はMISSと回避の2種類の回避パターンあり、
MISSは射撃攻撃の成功が低い場合に発生し(そもそも攻撃は当たらなかった)、
回避は相手に避けられた(攻撃は避けられた)時に発生します。

同じトラップは重ねがけ可能になり、仕掛けられたトラップはトラップクリアでしか解除できません。
また、攻撃系トラップはパーツ破壊時、貫通ありです。

ガード系行動は、使用するとアクティブラインで一定時間待機します。
アクティブラインで待機している間のみ援護効果を発揮し、無力・反射系効果は使用者にも効果が及びます。

たすけるスキルの良い効果は、違う効果は重複可能ですが、同じ効果の強化は出来ません。

攻撃系スキルによる悪い効果は、違う効果は重複可能です。

継続・継続リペア系の効果は複数パーツに効果が及ぶようになりました。
また、効果の発動タイミングはコマンドラインに戻ってきた時に変更されました。

DSではダイレクト効果は存在しません。


登場わざの簡易解説
シリーズおなじみの行動であっても、システムやスキルの整理に伴い、呼称、対応スキル、効果、パーツ性能の傾向などの変化が多数存在します。

うつ・ねらいうちスキル系わざ
ライフル…充填と冷却が早い通常射撃攻撃です。
ガトリング…時により、威力のばらつきが大きい射撃攻撃です。
ミサイル…基本絶対ヒット&貫通、ナパームと比べると基本威力が高いパーツが多いです。
ナパーム…基本絶対ヒット&貫通、貫通時ダメージは1.2倍になります。
ビーム…威力2倍で成功が低いです。レーザーに比べ基本威力が高いパーツが多いですが、例外を除き貫通しません。
レーザー…威力2倍で成功が低いです。こちらは貫通能力を持ちます。
プレス…成功2倍でクリティカルしやすいです。ブレイクに比べて充填・冷却が早いものが多いです。
ブレイク…成功2倍でクリティカルしやすいです。充填・冷却が遅い代わりに貫通能力を持ちます。
アンチシー…潜水タイプには威力3倍、水中フィールドなら絶対ヒットとクリティカル付加、貫通ありです。
アンチエア…飛行タイプには威力3倍、貫通ありです。
スタティック…ヒットしたパーツの装甲を現時点の4分の1にする射撃攻撃です。
スリップ…充填中の相手の行動を忘れさせ、コマンドラインへ戻ってもらう射撃攻撃で、威力は低いです。
トルネード…さばくフィールドでは威力が2倍になり、使用するたび相手が味方エリアにしかけたトラップの効力を下ます。貫通ありです。
デストロイ…冷却中の相手に限り当てることが可能なパーツ破壊攻撃です。貫通なしです。
防御シール…ヒットした相手の防御を封じる症状付加の射撃攻撃です。ガード系わざも使用不能にできます。
キャンセラー…ヒットした相手の部位の使用を封じる症状付加の射撃攻撃です。
サクリファイス…使用時の現装甲に応じてダメージ量が上がる射撃攻撃です。射撃の場合、回避されても使用パーツは崩壊します。

なぐる・がむしゃらスキル系わざ
ソード…充填と冷却が早い通常格闘攻撃です。
ハンマー…充填と冷却は遅いですが、相手に防御されたときに追加ダメージが発生する格闘攻撃です。装甲が高いパーツが多いです。
ファイア…メルトに比べると威力が高く、継続基本ダメージは4です。継続効果は毎コマンドライン到着時に発動します。
メルト…ファイアに比べると威力が低く、継続基本ダメージは8です。継続効果は毎コマンドライン到着時に発動します。
サンダー…フリーズに比べると威力が高いものが多く、停止中の絶対クリティカルは削除されました。
フリーズ…サンダーに比べると停止の効力が長いです。停止中の絶対クリティカルは削除されました。
ウェーブ…ホールドに比べると充填と冷却が早く、相手の動きを遅くします。
ホールド…ウェーブに比べると充填と冷却が遅く、相手の動きを遅くする効力が高いです。
バグ…ウィルスに比べると充填と冷却が早く、相手の行動を失敗させやすくします。
ウィルス…バグに比べると充填と冷却が遅く、相手の行動を失敗させやすくする効力が高いです。
アサッシン…絶対ヒット&絶対クリティカル能力を持つ格闘攻撃です。
パニック…ヒットした相手に混乱症状付加の格闘攻撃です。
対象はランダムですが、味方を狙う事は無くなりました。
回避シール…ヒットした相手の回避を封じる症状付加の格闘攻撃です。
ダブルシール…ヒットした相手の回避と防御を封じる症状付加の格闘攻撃です。ガード系わざも使用不能にできます。
サクリファイス…使用時の現装甲に応じてダメージ量が上がる格闘攻撃です。格闘の場合、回避されても使用パーツは崩壊しません。

たすけるスキル系わざ
レーダーサイト…味方全体の成功を上げます。再度使用すると効果時間延長になり、効果の重ねがけはできません。
ヒットプロミス…次の攻撃は必ずヒットの効果を味方全体に付加します。誰かが1回でも攻撃し、効果を発揮すると全体解除され、相手が後から回避プロミスを使用した場合、相手の回避プロミスが優先され、付加されていた効果は消滅します。
ステルス…味方全体の回避率を上げます。再度使用すると効果時間延長します。効果の重ねがけはできません。
回避プロミス…次の攻撃は必ず回避の効果を味方全体に付加します。誰かが1回でも攻撃を回避し効果を発揮すると全体解除され、相手が後からヒットプロミスを使用した場合、相手のヒットプロミスが優先され、付加されていた効果は消滅します。
コマンダー…味方全体の成功と回避を上げます。再度使用すると効果時間延長されます。効果の重ねがけはできません。
ドライブブースト…味方全体の脚部の移動を上げる症状を付加します。再度使用すると効果時間延長されます。効果の重ねがけはできません。
モビルブースト…味方全体の脚部の回避を上げる症状を付加します。再度使用すると効果時間延長します。効果の重ねがけはできません。
クーラー…味方全体の冷却を上げる症状を付加します。再度使用すると効果時間延長します。効果の重ねがけできません。
ヒーター…味方全体の充填を上げる症状を付加します。再度使用すると効果時間延長します。効果の重ねがけできません。
チェンジ…自分の右腕・左腕・脚部を別のパーツに変化させます。変化は装甲まで反映されます。

なおすスキル系わざ
リペア…味方1体のパーツの装甲を1つ回復します。
オールリペア…味方チーム全体のパーツの装甲を1つずつ回復します。
継続リペア…味方1体にコマンドラインに戻ってきたときにダメージを回復する効果を付加します。
セルフリペアコマンドラインに戻ってきたときにダメージを回復する効果を付加します。対象は自分のみですが、効果は高いです。
レストア…味方1体の破壊されたパーツを1つ復活します。
オールレストア…味方チーム全体の破壊されたパーツの装甲を1つずつ復活させます。
リバイブ…味方1体の破壊されたパーツをすべて(右腕・左腕・脚部)復活させます。
トラップクリア…味方エリアにしかけられたトラップをすべて解除します。
妨害クリア…味方チーム全体の悪い症状をすべて解除します。

まもるスキル系わざ
ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中に味方が攻撃を受けそうになると、庇いに行き、代わりにダメージを受けます。
自分に来た場合は攻撃を受け止めます。
未満ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中に味方が攻撃を受けそうになると、庇いに行き代わりにダメージを受けます。
自分に来た場合は攻撃を受け止めます。また、50より小さいダメージは自動的に無力化されます。
火薬ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中にミサイル・ナパーム攻撃が来ると、庇いに行き、無力化します。
光学ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中にビーム・レーザー攻撃が来ると、庇いに行き、無力化します。
重力ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中にプレス・ブレイク攻撃が来ると、庇いに行き、無力化します。
射撃ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中にうつ・ねらいうちスキルの攻撃が来ると、庇いに行き、無力化します。
格闘ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中になぐる・がむしゃらスキルの攻撃が来ると、庇いに行き、無力化します。
ミラーガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機します。待機中にうつ・ねらいうちスキルの攻撃が来ると、庇いに行き、攻撃を相手に跳ね返します。
完全ガード…使用するとアクティブラインで一定時間待機、待機中に攻撃が来ると、庇いに行き、無力化します。

しかけるスキル系わざ
クーラープラント…味方エリアに冷却能力を上げるプラントを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
ヒータープラント…味方エリアに充填能力を上げるプラントを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
リペアプラント…味方エリアにコマンドラインに戻ってきた時装甲を回復するプラントを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
格闘トラップ…相手エリアになぐる・がむしゃらスキルの攻撃を使用時ダメージを与えるトラップを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
射撃トラップ…相手エリアにうつ・ねらいうちスキルの攻撃を使用時ダメージを与えるトラップを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
頭トラップ…相手エリアに頭部パーツ使用時にダメージを与えるトラップを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
右腕トラップ…相手エリアに右腕パーツ使用時にダメージを与えるトラップを設置します。重ねがけで効果は強化されます。
左腕トラップ…相手エリアに左腕パーツ使用時にダメージを与えるトラップを設置します。重ねがけで効果は強化されます。


ワイヤレス通信・Wi-Fi通信に関して
メダルの受け渡しは不可能になりました。

対戦
DSではワイヤレス通信・Wi-Fi通信共に、対戦結果でパーツを奪われることはありません。(勝利者のみパーツを入手することが出来ます)
地形選択だけでなく、使用禁止パーツの設定やレベル上限が予め設定されているルール枠を選択することが可能です。

Wi-Fi通信対戦では「国内のだれとでも」または「フレンドコードを登録した相手」と対戦可能です。


パーツ転送
交換に変わり、今回はパーツをコピーして相手に渡す形式になりました。
こちらがパーツを失う事が無いため、パーツの量産が可能となりました。


ゲームのシステム
セーブデータが3つ保存可能です。
Wi-Fi用の対戦戦績やメダジャーナル用のデータは共通データとして1つだけ保存されます。