とある雑食型ゲーマーのゲーム日記

ゲームレビューだったりゲームに関する記事をなんやかんや書いてます。

FGO小話2

前回FGOの小話 - とある雑食型ゲーマーのゲーム日記の続きになります!

あくまで個人的見解ですが、ヴラドとジャンヌを主軸にしたアーツパーティーにおいて他の星5キャスターはどうなのか、というお話です。
アタッカー性能高めなダヴィンチちゃん、お師様、ネロは省きますので予めご了承くださいm(__)m

まずは玉藻さん。
こちらの狐はそれなりに相性良かったです!
ヴラドの宝具回転率は少々落ちるものの、スキルの早回しが出来る為、これはこれで楽しかったです!
まあ、宝具回転率がやや落ちたところでアーツ3枚構成とか吸血スキルでNP貯まりやすいので正直そこまで支障はなかったので後はプレイスタイルの好みかな?って思います!
こっちのが安定することもあるので狐萌えな方もご安心下さい!

続いてマーリン。
マーリンの相性については△です。
この組み合わせにおいては×です。
ヴラド×ジャンヌ×マーリンの組み合わせだとマーリンの真価が発揮されず、ヴラド、ジャンヌのサポートも行き届かず、中途半端な前衛パーティーとなってしまいます。
というかマーリンを持っているならアーツ運用主体よりバスター運用主体のほうが活きるのでそっちを作りましょうね!
ついでに言うと、バスター運用主体でパーティー組むならアンデルセン<<<シェイクスピアですからね!
話はそれましたが、△の理由はヴラドとの相性は決して悪くないところにあります。
というかジャンヌが当たるまでの僕のカルデアは高難易度クエストに挑むガチパ=前衛はヴラド、孔明(orアンデルセン)、マーリン(フレンド)の組み合わせだったからです!
前置きが長くなったので改行しましょうかw

マーリンの真価はバスター系の火力UPにあります。
アーツ宝具のヴラドと相性いいの?
そう思われる方もいるかもしれませんが…確かにヴラドは普通のバーサーカーよりバスターは少なめです。しかし、狂化EXでバスター系の火力も高めなのです!
これはロマン込みの話ですが、孔明もしくはアンデルセンでクリティカルの威力も上げてなおかつ運良くバスターにクリティカルが出れば…それはもはや宝具です。
そんな高いダメージを与えられるポテンシャルを秘めたパーティーになります。
あ、ちなみにフォーリナーは無理です、素直に諦めましょう!
あとぶっちゃけヴラドじゃなくても似たようなことできますけど、ヴラドって宝具の後にスター入るので無謀ってほどでもないので好んで使ってました!

余談ですが、僕は初めて当たった星5のサーヴァントがヴラドだったので愛着もあり、いろいろな使い方しましたが、特殊なバーサーカーではありますが、使い勝手がよく、相方に合わせて礼装を変えたり戦術を変えたり楽しいですよ!
宝具が弱いって結構言われてますけど、アーツパーティーにおけるヴラドの宝具回転率を考えたらこれぐらいでいいかもしれないと思います。
あんまり強すぎたらゲームバランスが悪くなるので…

そんな訳で、今回もFGOの話でした!