とある雑食型ゲーマーのゲームミュージアム

基本的には少し古めのゲームを改めてプレイしてみてレビューしてます。

逆転裁判2

逆転裁判2

・プレイ作品

逆転裁判2

・どんなゲーム?
あの男が帰って来た!
元々は続編を作る予定がなかった逆転裁判なので、その辻褄合わせも兼ねた作品とも言えます。
お馴染みのキャラクターや新キャラが入り交じり、新たなシステムを引っ提げた新たな法廷バトルで矛盾を暴け‼

・前作をやっている必要があるか
結構直接的な続編であったり、真宵ちゃんに対する思い入れを深める為にも前作のプレイ推奨です。

・総合得点88点 ランクA+

・個人的評価 38点 A

・個別評価 50点 A

システム面 13点 A

新しさ 5点
快適さ 3点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 4点

ゲーマー面 9点 C

やりこみ 2点
ゲームバランス 3点
満足感(難易度) 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
人物ファイルをつきつけられるのとサイコ・ロックのおかげでゲーム性増しましたよね、やることは増えましたけど(笑)
でもサイコ・ロックはほんと面白かったです。

『快適さ』
タッチ操作の部分が微妙にシビアな気がします。ここはもうちょっと大雑把でもよかったような……

『システムのおもしろさ』
サイコ・ロックがとにかく面白い!というか癖になる。
探偵パート専用のシステムなんですけど、嘘をついてる人物に対して1つずつ丁寧に証拠をぶつけることで観念させて自白に持ち込むシステムですね、何ならこっちのが楽しかったです(個人的に)。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
前作をやってないと100%は楽しめないのが難点ですが、若干デジャヴを感じさせるストーリー展開とやっぱりお前が相手じゃないと燃えきれないよな!なイメージです。
僕はあの子が好きだからいいですが、真宵ちゃんはもしかして疫病神なんじゃないか?と少し思ったり(笑)

『ストーリーのボリューム』
元々は5話の予定が容量の都合で1話削られた作品なのですが、十分なボリュームでした。

『グラフィックと音楽』
途中挿入されるアニメーションムービーがわりと綺麗でした。
そして臨場感溢れる音楽とシチュエーションに合ったメロディは素晴らしかったです。


・キャラクター面について
『個性』
そもそも真宵ちゃんが結構ブッ飛んだキャラクター性なんですけど、今回は正直コイツの為に動きたくねぇ…と一瞬思ってしまった程に「何だコイツ」な依頼人が多かった印象です。
真宵ちゃんの為だから頑張りましたけどね!!

『スポットライト』
真宵ちゃんの主張が激しい気はしますが、それがいいんじゃないか‼ってね、個人的な意見です、はい。

『キャラ数』
多すぎず少なすぎず程よいバランスでした。


・ゲーマー面について
『やりこみ』
周回ゲームではないのでそこはね……シビア判定での自分が舌打ちした回数も考慮しての低評価で。あくまで個人的に、です。

『満足感(難易度)』
難易度は高めの設定でしたが、面白かったですし、真宵ちゃんの出番多かったので個人的には満足感高めです。

『ゲームバランス』
地道に根気強く粘り強く的なプレイができないとややキツいかもしれません。


最後に
1をプレイしたなら2も是非!と言いたくなる作品です。
このサイコ・ロックは是非体感してもらいたいです。


逆転裁判2

逆転裁判2

  • 発売日: 2002/10/18
  • メディア: Video Game
逆転裁判2 Best Price!

逆転裁判2 Best Price!

  • 発売日: 2006/10/26
  • メディア: Video Game
逆転裁判2 NEW Best Price!2000

逆転裁判2 NEW Best Price!2000

  • 発売日: 2008/04/17
  • メディア: Video Game


1・2・3

逆転裁判123 成歩堂セレクション - 3DS

逆転裁判123 成歩堂セレクション - 3DS

  • 発売日: 2014/04/17
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション - PS4

逆転裁判123 成歩堂セレクション - PS4

  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション -Switch

逆転裁判123 成歩堂セレクション -Switch

  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: Video Game
逆転裁判123 成歩堂セレクション|オンラインコード版

逆転裁判123 成歩堂セレクション|オンラインコード版

  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: Software Download

テニスの王子様 最強ゲームを結成せよ

テニスの王子様 最強チームを結成せよ !

・プレイ作品

テニスの王子様 最強チームを結成せよ

・どんなゲーム?
その名の通り、テニスの王子様のキャラクターの中からプレイヤーの好きなようにドリームチームを作り、チームとして 育てることが出来ます。
チーム内でのイベントも豊富で、技の入れ替えも含めてカスタマイズ性にも富んでいて、試合もわりときちんとしたテニスゲームにテニプリ要素をMIXしたよく出来た仕上がりになっています。

・前作をやっている必要があるか
これそのものはシリーズものではないのであれですが、ゲームの特製上、テニプリファン向けゲームではありますので、そこら辺は察して下さい。

・総合得点94点 ランクS

・個人的評価 40点 A

・個別評価 54点 A

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 13点 A

ストーリーのおもしろさ 5点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 3点

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 4点

ゲーマー面 13点 A

やりこみ 5点
ゲームバランス 3点
満足感 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
監督になって学校の垣根を越えて自由にチームを作るというコンセプトにしてリーダーの能力によってはチーム入りを断られる可能性があるという畜生性を備えてます(笑)

逆に、チームに空きがある状況で原作内で縁のあるキャラクターがいれば向こうからチームに興味を持ってコンタクトを取ってくることもあります。

自分のチーム内キャラ同士のイベントは中学生らしくてなかなか微笑ましいものも多かったです。

『快適さ』
当時としては感じたことなかったですし、数年前も普通に楽しく遊べたのですが、最新鋭のゲーム機のみでしか遊んだことのない方には厳しいかもしれません。

『システムのおもしろさ』
前述したキャラクター同士のイベントはチームの友好度に影響を及ぼし、チームの友好度は試合中の一丸率に関わるのでいろいろ上手く繋げたゲームシステムだと感じました。

練習でチーム全体もしくは個別に能力を上げれるのですが、偏った練習ばかりでは元が優秀でも非凡な選手になったりするので、そこら辺の調整も楽しさの1つでした。

試合中は操作キャラ、CPU共に体力ゲージがあり、普通にプレイしてても減りはしますが、ボールが身体にぶつかれば大幅に減り、0になればK.O.と表記され、担架で運ばれて試合が強制終了となります。
つまり、ナックルサーブを主軸にすると別ゲーとして楽しめるかも?


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
初期寄りのテニプリ好きなら楽しめる内容だと思います。
でもストーリー重視ゲームではないので、過度な期待もよくないかも?

『ストーリーのボリューム』
え、そことそこも⁉みたいな感じで定番のキャラクターはもちろん、意外な組み合わせもきちんとイベントが用意されているのでこれはもう文句なしでした。

『グラフィックと音楽』
PS2っていうのは置いといても、ややカクついた動きをすることがあるのでそこは気になりました。


・キャラクター面について
『個性』
テニプリのキャラクターに関する個性は割愛しますが、キャラクターのイメージと初期能力値が結構リンクしていて面白いと感じました。

『スポットライト』
このゲームに関して言えば、テニプリの世界にサブキャラクターなんかいない!という理論も通りそうな気がします。

『キャラ数』
青学・不動峰聖ルドルフ・山吹・氷帝・六角・立海に加えて、隠しキャラとして幸村精市竜崎桜乃、橘杏、福士ミチル、木更津亮、滝萩乃介、柳太郎、越前南次郎が登場します。(幸村、柳、南次郎はリーダー専用キャラクターなので同チームに編成は不可能です)

2004年のゲームなので四天宝寺比嘉中は出ません。残念(>_<)


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
これはハマるとアホみたいにやっちゃう中毒性が元々ありましたが……細かいことを気にしなければ未だに結構現役で遊べるとは思います。人によるので強くは言えませんが……

『満足感(難易度)』
操作に慣れれば難しくはないです。
久々に起動すると、あれ?どうやるんだっけ?ってなりました。そんな感じです。
ちなみに中学生当時から満足感しかないです。

『ゲームバランス』
最終的には自由にチームが組めるにしても、練習は当然、入った順に参加なので能力に開きが出たりするので、効率のみを考えれば推しキャラをリーダーにするよりは強キャラ(全能力がバランスよく高い)選手をリーダーにしたほうが効率はいいかな?って思います。


最後に
これは神ゲーでしたね!
なんで続編出さなかったんだ!って個人的には思うほど面白いゲームでした。
15歳、18歳、21歳etc.と人生の節目節目でプレイしてきた思い入れのあるゲームでした。
ちなみに今回は大掃除やら断捨離やらしてたら出てきたので……懐かしい!みたいな感じでした。

PSPとかGBA・DSは古くてもまあ、携帯ゲーム機だし、一定の需要はありそうだなって思ってやってるんですけど、PS2はどうなんだろう?
このゲームの閲覧率によってはPS2の名作ゲームのレビューも書くかもしれません。
ちょっと指針にしてみます。


テニスの王子様 最強チームを結成せよ !

テニスの王子様 最強チームを結成せよ !

  • 発売日: 2004/09/16
  • メディア: Video Game

パワプロクンポケット10

パワプロクンポケット10

・プレイ作品

パワプロクンポケット10

・どんなゲーム?
暗黒面たっぷりなブラックユーモアな野球バラエティゲームとしてお馴染みのパワポケシリーズの第10弾。
DS版パワプロというコンセプトの元、本家パワプロに寄せたパワポケ

・前作をやっている必要があるか
やっていなくても問題ないです。

・総合得点83点 ランクA+

・個人的評価 32点 B

・個別評価 51点 A

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 12点 B

ストーリーのおもしろさ 5点
ストーリーのボリューム 4点
グラフィックと音楽 3点

キャラクター面 14点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 4点

ゲーマー面 11点 B

やりこみ 4点
ゲームバランス 3点
満足感(難易度) 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
パワプロに寄せたパワポケは当時としてはシリーズ初で、サクセスは彼女を作らなければパワプロ風、彼女を作れば従来のブラックネタとバラエティに富んでいます。
また、裏サクセスのブッ飛び具合とシビアさは健在です。

アクション野球にパワフルを越えるヘルが導入。
本家パワプロにはないカード野球を搭載。

あと、裏サクセスが最初から遊べます。

『快適さ』
2画面のおかげで表示される情報が増える等、DS版ならではの強みはありました。

『システムのおもしろさ』
カード野球に加え、パワポケシリーズ特有のシステムとして、簡単そうで奥深い5種類のミニゲームが遊べます。
個人的にはPカード(フリテン有り以外はドンジャラのルールに準拠)がお気に入りでした。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
表サクセスは3年間野球漬けという意味も兼ねて、甲子園一直線。
彼女という野球以外の寄り道をすることで初めて影で暗躍する組織が活躍するストーリーの裏側を見ることができます。

裏サクセスは、ローグライク×RPG
中重武装の乗り物で遺跡を巡り、古代の遺品を集める中で怪物や同じ目的を持つライバルと争うことも……というストーリー。

『ストーリーのボリューム』
醍醐味の裏サクセスは2部構成で、3つの勢力が用意されています。
後半は共通ストーリーですが、前半は勢力毎にストーリーが異なります。

『グラフィックと音楽』
パワポケって考えれば悪くはないと思います。


・キャラクター面について
『個性』
裏含めたサクセスキャラはさすがのクオリティでした。
アクション野球での選手もパワプロに近付けたことで個性はより深くなっていると感じました。

『スポットライト』
ぶっちゃけこれはプレイヤー次第。

『キャラ数』
概ね満足してますが、ペナントの時の補強とかが……
でもキャラ数に関してはほんとにそれぐらいしか文句はないです。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
本家パワプロのようにペナントの周回を繰り返す本格的な野球ゲームではないので無限に遊べるほどではないかな。

『満足感(難易度)』
ブラックユーモアたっぷりのパワポケは久しぶりにやると楽しい。
裏サクセスは欲張って失敗して…を何度繰り返したことか(笑)

『ゲームバランス』
チームの強さがわりと固定されちゃうのでここは微妙。


最後に
GBA以来のパワポケでした。
試合そのものはPSPとかのほうが遊びやすいのでほとんど裏サクセス用になりそうです。時々Pカード。

ちなみに収録選手は2007年の9月中旬時点の当時のレギュラー選手が中心です。


パワプロクンポケット10

パワプロクンポケット10

ボクらの太陽DS ジャンゴ&サバタ

ボクらの太陽 Django&Sabata

・プレイ作品

ボクらの太陽DS ジャンゴ&サバタ

・どんなゲーム?
DSの機能をフル活用し、主人公2人制になったボクらの太陽
剣、銃、属性付与、変身、謎解き、3Dシューティングetc.
様々な要素が混ざったゲーム。
GBA版の前作とは違い、実際の太陽光を使わずに太陽銃が使える(昼夜関係なく遊べる)。


・前作をやっている必要があるか
多分ないと思います。僕はシリーズ初プレイでした。

・総合得点 81点 ランクA+

・個人的評価 32点

・個別評価 49点 B

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 12点 B

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 4点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 11点 B

個性 3点
スポットライト 3点
キャラ数 5点

ゲーマー面 12点 B

やりこみ 5点
ゲームバランス 3点
満足感(難易度) 4点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
ボクらの太陽は特殊なシステムを使って現実の太陽の光を使って行う戦闘システムが売りでしたが(なので夜行性の少年時代の僕はやりませんでした。)、この作品はゲーム内の太陽と月からエネルギー補給するので昼夜問わず遊べるようになりました。
代わりに2人を上手く使わなければ進むことが出来ません。

闇の魔剣使いのサバタは月をエネルギーに変えて戦いますが、最悪エネルギー切れでも戦うことには戦えます。

太陽銃使いのジャンゴは太陽のエネルギーがないと銃弾が込められないのと同等なので上手くやりくりしないといざという時に攻撃が出来ない可能性があります。

道中では銃でなければスイッチを押せずに進めない場所もあるので、そこら辺の作りは見事だと思いました。

『快適さ』
十字キー、ABXYボタン、LRボタン、タッチペンの全てを余すことなく使うので慣れは必要ですが、結構快適に遊べました。
が、3Dシューティングのタッチペン操作はやや感知が悪いかも?

『システムのおもしろさ』
アクションRPGとしての面白さは絶品だと思います。
ジャンゴ、サバタのレベルだけではなく、太陽銃、暗黒剣の強化もでき、太陽銃は複数あるので切り替えが可能です。

ジャンゴ&サバタのサブタイトル通り切り替えが重要なゲームでもあります。
星霊獣の切り替えも攻略には欠かせないポイントですね☝

個人的には武器強化好きでした。
素材集めて地道に武器を強化する感じがもう慣れ親しんだ感じで好みでした。

また、環境改変システムによる天候変更で起こる変化も面白かったです。
ゲーム内通貨を払えばいつでもダンジョンを出れるのもよかったです🙆


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
暗黒剣でヴァンパイアと戦い続ける少年サバタと、力を持ってないながらも心に太陽を宿した少年ジャンゴの物語。

ストーリーを進める毎に明かされるサバタの正体と過去、そしてジャンゴの成長を見届ける感じのストーリーでした。

『ストーリーのボリューム』
6章+エピローグ+番外編というのが収録内容です。
アクションパートが中心のゲームですが、結構しっかりしたストーリー構成でした。

『グラフィックと音楽』
随所に挿入されるアニメーションムービーが綺麗でした。DSとしては結構凄いと思います。


・キャラクター面について
『個性』
全体的に普通。光と闇の二方向から描く上で最も王道のキャラクター設定だと思います。復讐と成長。

『スポットライト』
主役2人はストーリー進めればいろいろ分かりますが、せっかくなら星霊獣や敵のヴァンパイアのことももう少し掘り下げてほしかったなぁ~というのが本音です。

『キャラ数』
操作キャラクターは2人ですが、精霊獣や太陽銃の種類、ボスやギルドの仲間を合わせれば結構な人数でした。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
武器の強化がやっぱり楽しい。
周回プレイゲームで、クリア後にハードモード、さらにハードモードをクリアすればナイトメアモードが遊べます。
流星のロックマンとの連動もあります。

また、3Dシューティングでボス戦以外でもタッチペン操作のシューティングゲームを遊べます。

『満足感(難易度)』
3Dシューティングの難易度が結構高いと感じました。
あんまりシューティングゲーム慣れしてない上にタッチペン操作も不得意なのでだいぶ苦労しました(笑)
楽しかったです!

『ゲームバランス』
ジャンゴとサバタの両方を上手く使わないとクリアできなかったり、アクションとシューティングの両方をこなさないと各面のボスを倒せなかったり、飽きないゲーム性ではあるものの、若干敷居の高いゲーム性とも言えるかもしれません。


最後に
クリア→引き継ぎ→高難度周回を繰り返し遊ぶことを考えると結構長く遊べるゲームです。

DSの機能をフル活用したゲームを遊びたい方にオススメです。


ボクらの太陽 Django&Sabata

ボクらの太陽 Django&Sabata

ボクラの太陽Django&Sabata コナミ・ザ・ベスト

ボクラの太陽Django&Sabata コナミ・ザ・ベスト


過去作品

ボクらの太陽 (コナミ ザ ベスト)

ボクらの太陽 (コナミ ザ ベスト)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コナミ
  • 発売日: 2005/11/03
  • メディア: Video Game
続・ボクらの太陽 太陽少年ジャンゴ

続・ボクらの太陽 太陽少年ジャンゴ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コナミ
  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: Video Game
新・ボクらの太陽~逆襲のサバタ~

新・ボクらの太陽~逆襲のサバタ~

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コナミ
  • 発売日: 2005/07/28
  • メディア: Video Game

ペルソナ2 罪

ペルソナ2 罪 - PSP


・プレイ作品

ペルソナ2

・どんなゲーム?
ペルソナシリーズとしては2作品目となるペルソナ2 罪のPSPリメイク版。
前作より総合的な難易度の緩和がされており、独自のシステムと後のシリーズに繋がる部分が混ざってます。

・前作をやっている必要があるのか
メインキャラクターを一新してるのでやっていなくても問題なく遊べます。
ですが、前作のキャラクターも出てくるので気になる人はやっておいたほうがいいかもしれません。

・総合得点69点 ランクB+

・個人的評価 28点 B

・個別評価 41点 B

システム面 14点 A

新しさ 5点
快適さ 4点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 8点 C

ストーリーのおもしろさ 1点
ストーリーのボリューム 3点
グラフィックと音楽 4点

キャラクター面 12点 B

個性 4点
スポットライト 5点
キャラ数 3点

ゲーマー面 7点 C

やりこみ 3点
ゲームバランス 2点
満足感(難易度) 2点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
ペルソナ2独自のシステムにして最大の特徴は噂システム。
簡単に言えば人の噂が現実となる……という世界観です。
武器・防具の質や値段、カジノや懸賞の当たりやすさまで噂で左右されます(ストーリー関連以外はプレイヤーの任意で選ぶことが出来ます)。

ペルソナ3、4にはない悪魔との交渉システムがあります。
ペルソナ1の交渉、ベルベットルーム、ペルソナ作成に関わるちょっとした違いについてですが、前作は交渉で入手した悪魔のカード同士の掛け合わせでペルソナを作りましたが、ペルソナ2では交渉した悪魔のアルカナのカードが複数枚貰え、ペルソナ毎に決められた枚数を消費することでペルソナを作り出せます。
また、フリー枠のカードは好きなアルカナのカードとして使えるので、足りてないところを補えるのでもっておいて損はないです。

『快適さ』
ちょっとマップが見辛く感じましたが、快適な部類に入ると思います。

『システムのおもしろさ』
交渉システムとペルソナの作り方、合体技を合わせて考えると、1、2、3、4の中では一番好みでした。


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
これは正直気に入らないの一言でした。
キャラクターに魅力を感じなかったのも大いに影響してますが腑に落ちないってのが正直なところ。
罰への繋ぎとしての役割のせいなんですかね?
「罪」に関してはなるほどな、とは思いました。

『ストーリーのボリューム』
寄り道込みで30時間前後のプレイ時間で終わる携帯ゲームぐらいのボリュームでした。
悪く言えば終わりそうで終わらないストーリー展開にも感じました。

『グラフィックと音楽』
PSPのリメイク版は前作同様、目黒さんによるアレンジOP(アニメーションはサテライト)なので世代的になのか個人的になのかは分からないですが、僕の中では最初から結構盛り上がりました。
本編中の挿入ムービーも良かったです。人が操縦するロボットSF的な雰囲気あったのでそこは良かったです。


・キャラクター面について
『個性』
クールビューティー、ナルシスト、恋愛脳、天然お姉さんetc.
王道と言えば王道。しかしそれぞれが絡み合うと……交渉の時の掛け合いが地味に良かったです。

『スポットライト』
パーティメンバーは全員スポットライトを浴びます。
過去とペルソナの関係性とかetc.

『キャラ数』
パーティキャラは必要最低限なんですけど、交渉考えたらこれがベストかなぁ~と思います。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
2周目がないのでちょっとあれですが、ペルソナのシステム的には面白くてちょっといろいろ試して遊んだりはしました。

当時だったらクエストがやり込み要素になるのでそこが惜しいところではあります。

『満足感(難易度)』
途中までは楽しかったんですけど、合体技ゲームなので途中からは作業感ありました。

『ゲームバランス』
エンカウント率の高さが少し気になりました。テンポ感が悪くなるので。
後半は全体攻撃の有無で難易度が全く違うので極端過ぎる気がしました。


最後に
元々が1990年代の作品だからなのか、最初のガラの悪い生徒(不良)の口調がなんか時代を感じます(笑)

そして、前作同様僕ら世代のペルソナ(3以降)に通ずる部分があります。
暗黒進化した金八先生を彷彿させる先生が出たり、カリスマ番長?にして面白キャラ(おそらく本人は真面目)が出たり、このキャラ設定は一部、4の元になってそうだなって思ったり、影人間の設定は3に使われてたり、ペルソナの世界における元祖ジョーカーがいたり、あとは噂によって生まれた存在ですが、パーティキャラのシャドウも出てくるので、今やると、違った楽しみ方もできるかと思われます。

個人的にストーリーは好きじゃなかったですが、ゲームとしては面白かったです。


ペルソナ2 罪 - PSP

ペルソナ2 罪 - PSP

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2011/04/14
  • メディア: Video Game
ペルソナ2罪 PlayStation the Best

ペルソナ2罪 PlayStation the Best

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2000/09/14
  • メディア: Video Game

金色のコルダ

金色のコルダ - PSP

・プレイ作品

金色のコルダ

・どんなゲーム?
横浜を舞台に繰り広げられる女性向け恋愛シミュレーションゲーム
タイトルのコルダはイタリア語で弦、絆の意味を持つ。

ひょんなことから普通科で音楽素人でありながら音楽科の生徒達と共に学内音楽コンクールに出場することになり……

・総合得点91点 ランクS

・個人的評価 38点 A

・個別評価 53点 A

システム面 12点 B

新しさ 5点
快適さ 2点
システムのおもしろさ 5点

ストーリー面 14点 A

ストーリーのおもしろさ 4点
ストーリーのボリューム 5点
グラフィックと音楽 5点

キャラクター面 15点 A

個性 5点
スポットライト 5点
キャラ数 5点

ゲーマー面 12点 B

やりこみ 5点
ゲームバランス 2点
満足感(難易度) 5点


個別レビュー
・システム面について
『新しさ(オリジナリティー)』
こんな激難の恋愛シミュレーションゲーム見たことねえ(笑)
乙女ゲームはおろか男性向けのギャルゲーより圧倒的に難しかったぞ、これ……

音楽的な要素、つまりコンクールの部分が結構しっかりしてて難易度底上げな感じでした。
各セレクション(全4回)のテーマに沿った楽譜を選び、練習し、テーマに合った解釈を得る。さもなければ強敵過ぎるライバル達には敵わない。
そして、楽譜探しも解釈探しもMAP中を走り回る必要がある為、作中の時間をかなり持っていかれます。

ターン制度ではなく、選択した行動次第で時間を消費するシステムなので1周目はよほど立ち回りに自信がない限りは浮気はしないほうが得策です。
とはいえ、第一印象だけで恋人を目指す人物を選ぶのも難しいと思うので1周目はとりあえずゲームの特性を理解する時間というか、このゲームに慣れるのが無難かなーと思います。

作品としても周回プレイを前提に作られてるので多分そういうことなんだと思います。
音楽にさほど興味がなければコンクールを丸々スキップして結果だけ見ることも出来ますので時短はしようと思えば出来ます。
個人的にはコンクール飛ばすと作品の魅力ダウンなのでそれなら金色のコルダ以外の作品をやればいいのに。って思っちゃう派です。

『快適さ』
効率的に進めたいと思うのなら初めから攻略本推奨です。

『システムのおもしろさ』
曲毎の上達度、共通の技術レベル、曲の解釈に加えて、
サークル内の人物に演奏を聞かせることで演奏レベルに応じたゲーム内通貨であるBPを聴衆から貰えたり、聴いた人との新密度が上がったり、得た解釈を表現出来るようになったりと時間の消費も大きいものの、得られる効果も大きいものもあります。
この各種演奏は楽しかったです。

あとは僕の中では円滑な進行を妨げる要素として脅威だった外野からの頼まれごとシリーズね、不満はありますが、面白かったです。
ざっくり言えば1週間以内にコンクール出場者全員にとある話を聞く。という内容のものが複数。
基本自分で走り回って探さないといけないし、別のイベント発生したら余計に時間消費するし、1人でも情報が欠けてたら感謝こそされるけど微妙な反応だったり、何この扱い?みたいな(笑)
RPGのやりすぎで本筋関係なくても話聞くの好きだったりするので楽しんだ部分はありますが、練習時間も推しとの進展も犠牲にしたわりには完璧求めすぎじゃね?だったら自分でやれよって思ってしまいますよね(笑)
総合順位が微妙だった時のリリ含め。
勝手に巻き込んどいてなんだこいつら……みたいな(笑)


・ストーリー面について
『ストーリーのおもしろさ』
本筋のストーリーがわりと面白いと思います。
素人だけど魔法のヴァイオリンで一目置かれる。
魔法のヴァイオリンだけど、使い手の才能とリンクした補助輪的な役割で魔法はいつかは消えるもの。
きっかけはどうあれ、主人公の才能自体は本物でひたむきに努力ができる性格+物怖じしない為、次第に音楽科からの評価も上がっていく。
みたいな感じです。
この子の才能を活かすも枯らすもプレイヤー次第ってところが気に入ってます。

『ストーリーのボリューム』
周回することで解放されるイベントが多く存在し、飽きさせない、周回が苦じゃないとプレイヤーに思わせる工夫がされています。

『グラフィックと音楽』
音楽の部分が本当に最高でした。
クラシックや吹奏楽が好きな方には是非、と言いたいぐらい。
楽曲毎に解釈の違ういくつかのパターンABCD(パターン数は楽曲により個となる異なる)があり、実際にプロの方が演奏しているのでコンクール中はPSPを置いてサントラのように聞いてました。


・キャラクター面について
『個性』
恋愛ゲームでもあるのでここはまあ王道にいろんなタイプがいます。

『スポットライト』
同性の女の子とも新密度設定があってイベントが用意されてるのは良かった。
コンクール勢は新密度とライバル度があるので細かいですね、プレイヤーの動き方で変わる要素が意外と大きい。

『キャラ数』
ヴァイオリン、ピアノ、チェロ、トランペット、フルート、クラリネットの独奏と合奏が楽しめるのは素晴らしい。


・ゲーマー面について
『やりこみ(熱中度)』
コンクールのセレクションの回数は4回なのに楽曲の数が膨大で、主人公の技術レベルに合わせて演奏が上手くなっていくので演奏担当の中島優紀さんは何パターンの音を録っているんだ⁉って思いました。
前述もしましたが、音楽の部分が素晴らしすぎてそれを聴くだけも十分楽しめるんですよね、このゲーム。その為に楽譜集めに奔走しました。1周目はほんとコンクールも恋愛もそっちのけでした(笑)

『満足感(難易度)』
音楽を題材にした作品は元々好きだったので、恋愛作品としてよりは音楽の部分の満足感が振り切った感じです。
恋愛の部分も良かったですけどね、音楽科の生徒とのわだかまりが解けたり、フランクに友達になった末の自然な恋愛感情とかね!この書き方すると誰が好きかすぐ分かりそうですけどまあ、いいです(笑)

『ゲームバランス』
ゲーム慣れしてない女性向けのジャンルとしては少しやりすぎかもしれないほどの難易度ですので厳しめで。


最後に
作品とは直接関係ないんですけど、作中最強のライバルである月森くんの演奏担当の室屋光一郎さんが何となく気になって調べたら結構馴染みのありそうな方でした。

茅原実里さん、MISIAさん、aikoさん、平井堅さん、平原綾香さん、ポルノグラフィティ水樹奈々さん、Mr.Childrenなどの多数の人気アーティストのスタジオレコーディングやライブサポート等を手がけたり、数々の作品のサントラに参加してたり。

サウンドトラック参加作品(一部抜粋)
2002年
名探偵コナンイカー街の亡霊
2005年
テイルズ オブ レジェンディア
2006年
金色のコルダ〜primo passo〜
2007年
BAMBOO BLADE
ファイナルファンタジーIVニンテンドーDS
2009年
グイン・サーガ
戦国無双3
2010年
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st
ゴッドイーター
機動戦士ガンダムUC
聖痕のクェイサー
ゼノブレイド
たまゆら(OVA版)
白騎士物語 -光と闇の覚醒-
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
STAR DRIVER 輝きのタクト
2011年
IS 〈インフィニット・ストラトス
Aチャンネル
花咲くいろは
ロウきゅーぶ!
たまゆら 〜hitotose〜
夏目友人帳 参
HUNTER×HUNTER
ギルティクラウン
ファイナルファンタジーXIV
モーレツ宇宙海賊
2012年
夏目友人帳 肆
ハイスクールD×D
夏色キセキ
この中に1人、妹がいる!
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A
TARI TARI
となりの怪物くん
猫物語(黒)
ダンボール戦機W
ROBOTICS;NOTES
青の祓魔師 ―劇場版―
2013年
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
進撃の巨人
RDG レッドデータガール
神さまのいない日曜日
小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜
キルラキル
幻影ヲ駆ケル太陽
のんのんびより
機巧少女は傷つかない
ガンダムビルドファイターズ
2014年
ドラッグオンドラグーン3
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
桜Trick
ノブナガ・ザ・フール
グラスリップ
アイカツ!
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
健全ロボ ダイミダラー
バディ・コンプレックス
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。
ウィッチクラフトワークス
金色のコルダ Blue♪Sky
Free!-Eternal Summer-
ハナヤマタ
東京喰種(テレビアニメ版)
Wake Up, Girls!
結城友奈は勇者である
ガンダムビルドファイターズトライ
2015年
ローリング☆ガールズ
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜
終わりのセラフ
電波教師
まれ
海街diary
Classroom☆Crisis
アイドルマスター シンデレラガールズ
のんのんびより りぴーと
アクエリオンロゴス
2016年
真田丸
マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!〜
六花の勇者
だがしかし
ノルン+ノネット
無彩限のファントム・ワールド
牙狼 -紅蓮ノ月-
ハイキュー!!セカンドシーズン
甲鉄城のカバネリ
灰と幻想のグリムガル
僕のヒーローアカデミア
魔法つかいプリキュア!
傷物語
ONE PIECE FILM GOLD
ビッグオーダー
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
田中くんはいつもけだるげ
四月は君の嘘(実写映画版)
orange(テレビアニメ版)
ワールド オブ ファイナルファンタジー
終末のイゼッタ
Fate/Grand Order
クラシカロイド
ペルソナ5
ラクエンロジック
ゴッドイーター(アニメ版)
クロムクロ
響け!ユーフォニアム2
2017年
ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校
一週間フレンズ。(実写映画版)
ろんぐらいだぁす!
青の祓魔師 京都不浄王編
チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
ACCA13区監察課
小林さんちのメイドラゴン
BanG Dream!
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
キラキラ☆プリキュアアラモード
進撃の巨人 Season 2
Re:CREATORS
エロマンガ先生
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-
銀魂(実写映画版)

見たことあったり、聞いたことある作品だけでこんなに。
認識してなくても引っかかるだけの聞き馴染みがあったんだなぁ~
これを踏まえてもう1回月森くんの演奏聴きたくなりました。


金色のコルダ - PSP

金色のコルダ - PSP

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コーエー
  • 発売日: 2005/11/10
  • メディア: Video Game
金色のコルダ

金色のコルダ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コーエー
  • 発売日: 2004/03/18
  • メディア: Video Game

平成を彩った名作ゲーム集5

クリスマスに続いてお正月なのでまとめです!
これが短期集中型ゲーマーだ!!
なんていう冗談は置いといて、このブログで紹介した作品を一言コメントとその記事の貼り付けと共に10作品ずつまとめたものです。


1.パワプロ2010
実況パワフルプロ野球ポータブル2010 - PSP
推しポイントは12球団のサクセスです!それぞれの球団で作りやすい選手が異なるのも面白かったです。

gamemacine.hatenablog.com


2.流星のロックマン
流星のロックマン ペガサス(特典無し)
流星のロックマン ドラゴン(特典無し)
流星のロックマン レオ(特典無し)
エグゼのシステムを継承し、DSの特性を活かした新生ロックマン
奥行きとタッチペンを活用したシステム楽しかったです。
3verの違いは相方の違いとそれに伴った変身時の見た目の違いと技の違いです。
人間と電子獣のフュージョンは正直テンション上がりました。

gamemacine.hatenablog.com


3.ラブライブ! School idol paradise
ラブライブ! School idol paradise Vol.1 Printemps (通常版) - PS Vita
ラブライブ! School idol paradise Vol.2 BiBi (通常版) - PS Vita
ラブライブ! School idol paradise Vol.3 lily white (通常版) - PS Vita
正直同作品のアプリと比べると完全に格落ちです。
が、ボタン操作とタッチ操作選べることやステージ演出が出来ること、太鼓の達人のように譜面が消えたり、逆さまになったりするモードがあったりするので面白かったです。
ストーリーも一応分岐ルートなのでそこそこ気合いは入ってたのではないかと。
verの違いはそのまんまメインになるキャラクターの違いです。
とはいえ、極端に出番が消える訳ではないので別行動の時にパッケージの3人の視点になることとソロ楽曲が用意されてるのが大きな大きな違いですかね。
ちなみに比較的に簡単にトロコン出来ることでも有名です。

gamemacine.hatenablog.com


4.ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
同じタイトル同じパッケージでPS2GCのものとは内容が異なるややこしさ。
結構本格的な1人用のアクションRPGですね、選んだキャラクターの視点で映画のストーリーを追体験できます。映画では明かされていない原作の設定も含んだストーリーになっています。

gamemacine.hatenablog.com


5.ガチトラ
ガチトラ! ~暴れん坊教師 in High School~ - PSP
ごくせんとGTO龍が如くを足して3で割った感じです。

gamemacine.hatenablog.com


6.三國無双 2nd Evolution
真・三國無双 2nd Evolution - PSP
容量の都合で分割MAPなので、広大なステージを駆け回る従来の無双シリーズとは異なりますが、エリア移動の際に兵糧を消費も消費したり、装備枠として副将を装備でき、副将の数が豊富なのでひと味違った無双になってます。

gamemacine.hatenablog.com


7.モンスターファームアドバンス2
モンスターファームアドバンス2
GBAモンスターファーム。CDは読み込めないので入力文字によってモンスターを生み出すことが出来る画期的なシステムが採用されています。

gamemacine.hatenablog.com


8.マリオバスケ3on3
マリオバスケ 3ON3
実は任天堂×スクエニのコラボ作品です。
バスケの動きにマリオの世界観をMIXし、タッチペンをフル活用したオリジナルルールの新感覚バスケットゲームです。

gamemacine.hatenablog.com


9.遊戯王GX スピリットサモナー
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER
ボイスなしながらアニメ1期の内容をほぼ収録した大ボリュームのストーリーが魅力。
反して未収録カードの多さがネックです。
が、個人的には使いたいカードは全部入ってましたのでそんなに気になりませんでした。

gamemacine.hatenablog.com


10.パワプロ2012 決定版
実況パワフルプロ野球2012決定版 - PSVita
こっちの魅力はサクセス大学編とWBCモードです。

gamemacine.hatenablog.com



最後に
今回はそんな統一性なかったですねw強いて言うならアクション?